90s

原辰徳「90年代、最も若手プロ野球選手に憧れられたスーパースター」【プロ野球世紀末ブルース】

「プロ野球で一番記憶に残っているのは対巨人戦初登板。だってテレビで観ていた人に投げるんだよ。原さんをファウルフライに打ち取った。原さんはいい人だったなぁ」

まるで子供のように無邪気にはしゃぐのは元沖縄の星・上原晃だ。まだ10代の上原にとって、キラキラした背番号8の存在は花の都大東京そのものだった。
ある日、東京ドームの対巨人戦で練習中に原とすれ違った際、「昨日はいいピッチングだったね」と突然声を掛けられる。マジかよ? あのスーパースター原辰徳が自分のことを知っていてくれたぞっ! 上原は天にも昇る気持ちだったという。

団塊ジュニア世代の「俺らのヒーロー」


伊藤は1970年生まれ、上原が69年生まれ。彼らはいわゆるひとつのONに間に合わなかった子ども達だ。物心がついて、テレビをつけたらそこにいたヒーローは長嶋でも王でもなく、81年に巨人入団して新人王を獲得した原だった。
ちなみに72年生まれでWBC侍ジャパン公認サポートキャプテンを務めた元SMAP中居正広も熱烈な原ファンとして知られている。

第二次ベビーブームを直撃したカリスマ。あの頃の原辰徳は間違いなく団塊ジュニア世代の「俺らのヒーロー」だったのである。
 
彼らが小中学生だった83年の巨人戦平均視聴率は、歴代最高の27.1%を記録。この年の原は打率.302、32本、103打点の好成績でキャリア唯一の打点王とMVPを獲得。若大将・原を見るために多くの日本国民がテレビのチャンネルをナイター中継に合わせた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「原辰徳「90年代、最も若手プロ野球選手に憧れられたスーパースター」【プロ野球世紀末ブルース】」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    世界制覇監督はいずれ現れるでしょうが、何歩なんでも企業チームと代表監督を兼務しどちらも勝った人なんて今後現れないでしょうね。

    7
  • 匿名さん 通報

    当時阪神ファンだったから、原選手には泣かされたもんだった。チャンスに強くないなんていわれながら、阪神には本当に強かったよ。監督時代以降の原さんは純粋に尊敬しています。

    5
  • 匿名さん 通報

    こんなチンピラに憧れられたって原さんも嬉しくないでしょうに。

    1
  • 匿名さん 通報

    原監督の下で野球賭博が行われ、犯罪者は1年でさらっと復帰。すごいですね。

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月22日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。