90s

鹿取義隆「サラリーマンの鑑と称されたリリーフ投手」【プロ野球世紀末ブルース】

鹿取義隆「サラリーマンの鑑と称されたリリーフ投手」【プロ野球世紀末ブルース】
※写真はイメージです
かつて、“サラリーマンの鑑”と称された投手がプロ野球界にいた。

80年代から90年代にかけて巨人と西武でリリーバーとして活躍した鹿取義隆である。
87年にはリーグ最多の63試合に投げ、王監督のワンパターン継投の酷使を揶揄した「鹿取(かと)られる」という造語も登場。ポーカーフェイスで毎日言われたところで黙々と投げるキャラクターは“サラリーマンの鑑”と週刊誌で取り上げられ、ちょっとした鹿取大明神ブームが起こったほどだ。

時代はバブル経済真っ只中。「24時間戦えますか」的なバリバリの会社員像を体現する鹿取の姿は、好景気の中で猛烈に働くオヤジたちの共感を呼んだ。

ドラフト外で入団した鹿取義隆


そんな鹿取だが、意外なことにドラフト外入団選手だ。捕手から投手へと転向したのは高知商業時代。さらに名門明治大学では、貴重なサイド右腕として一学年上の法政大学の怪物投手「打倒・江川卓」に燃える日々。

78年秋、卒業したら社会人野球に進もうと思ったら、ドラフト会議終了直後に島岡監督に呼び出され「おまえはジャイアントに行け」と告げられる。えっ、ジャイアント馬場の全日本プロレス?……ではなく、島岡のオヤジはなぜか「ジャイアンツ」を「ジャイアント」と呼んでいたという。

この年の巨人は江川卓を巡る「空白の1日事件」でドラフト出席をボイコット。それでも新人補強をしないわけにもいかず、ドラフト外で声がかかったのが鹿取だったというわけだ。皮肉にも、鹿取は大学時代のライバル江川の存在で大きく人生が変わることになる。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「鹿取義隆「サラリーマンの鑑と称されたリリーフ投手」【プロ野球世紀末ブルース】」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    この人どんだけ巨人に貢献したことか。巨人嫌いだが香取は好きな選手だった。

    6
  • 匿名さん 通報

    字が違う。×香取⇒鹿取〇

    4
  • 匿名さん 通報

    すげぇよ

    3
  • 匿名さん 通報

    そして今日GM就任した。まず由伸現役に戻してやってよ。

    2
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月29日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。