bit

「自称」かどうかはどう決める? 仏から考えるジャーナリストの基準とは

ジャーナリストとはどのような人なのか? 自分のことをジャーナリストと名乗る、もしくは周囲から言われている人が、メディアで肯定的または否定的に世間の耳目を集めることがある。その際、特にフリーとして案件ごとに各媒体で働く彼らに対して、「自称だろ」と世間から陰口がたたかれることもあるし、報道機関に所属または実績があっても、その人が発表している内容を批判して「あの人は自称」と皮肉を言われるときもある。
「自称」かどうかはどう決める? 仏から考えるジャーナリストの基準とは

ジャーナリストとは、広辞苑によれば「新聞・出版・放送などの編集者・記者・寄稿家などの総称」だが、日本では何をもって「自分はジャーナリストだ」と主張できるかは曖昧だ。報道機関に勤める記者であったり、自ら名乗ったり、今まで積み重ねた実績によるところが大きい。

一方でフランスの場合、ジャーナリストと名乗れるかどうかは、CCIJP(職業記者身分証明書委員会)が発給するジャーナリストとしての身分証明書(プレスカード)を持っているかどうかが、1つの判断基準になる。フランス国内における公的な取材申請には、報道機関の社員であれフリーであれ、このカードの提示が要求される。

そこでフランスの例を見ながら、「ジャーナリストとはどんな人なのか?」もう少し具体化していこう。


仏でジャーナリストになるには


CCIJPによれば、フランスでジャーナリストとしてのプレスカードを申請するには、最低連続した3カ月間、ジャーナリストとしての職務実績があり、雇用主が報道機関(活字または映像)もしくは通信社であることが求められる。
「自称」かどうかはどう決める? 仏から考えるジャーナリストの基準とは

収入についても規定がある。出来高払い(フリーランス)の場合は、3カ月もしくは12カ月のジャーナリストとしての平均月収が、フランスの法定最低賃金の半額を上回ること。またジャーナリストとしての活動が主で、それが全体収入の5割以上であれば、他の職業と兼務しても、このカードを申請できる。2015年は約3万6000枚が交付されている。

外国籍のジャーナリストで有効なフランスの滞在許可証を持ち、フランスのメディアと仕事をしている場合は、交付条件はフランス人と同様だが、外国メディアの特派員としてフランス国内で活動する際は、交付はCCIJPではなく仏外務省が担当する。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「自称」かどうかはどう決める? 仏から考えるジャーナリストの基準とは」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    日本のマスメディアは反日活動家のエセジャーナリストにすがるようになってますからねぇ

    13
  • 匿名さん 通報

    これも民進党等の工作員、森友学園の菅野完氏、復興相今村大臣に歯をむいた西中誠一郎記者の事と関連して記事にしてるんですよね。共に朝鮮好きらしいし、パヨクの工作員ですね。

    8
  • 匿名さん 通報

    日本より報道の自由が保証されているフランスだからよいが、現在の日本でやったら御用ジャーナリストだけになる。

    5
  • フィギュア萌え族 通報

    ハイパーメディアクリエイターと大して変わらない肩書き。本人の結果や信頼性の問題。ジャーナリストを語るコメンテーターばかりだが

    5
  • 匿名さん 通報

    報道というものを一団体が決めるのは準社会主義のフランスらしい。 得てしてこういう団体は利権の温床となる。フランスやイギリスのような旧い体質の福祉国家で起きる典型的問題。

    4
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月7日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。