90s

大流行した大塚愛の怖すぎる都市伝説……その真相は?

まだオカルト番組が全盛だった頃、よく取り上げられていたネタの一つに「かぐや姫・解散コンサートの不気味な声」というものがあります。

これは、フォークグループ・かぐや姫が行った解散コンサートの音源に、会場の拍手と紛れて「ワタシニモキカセテ…」という、女性のうめき声のようなノイズが入り込んでいた怪現象。以降、「コンサートへ行けずに亡くなった少女の声ではないか?」などの尾ひれがつき、「恐怖の音源」としてテレビで度々流されてきました。

コンサートで起こった怪現象という意味で、これとよく似た話が大塚愛の楽曲『プラネタリウム』にまつわる都市伝説です。

怖すぎる大塚愛の都市伝説…その全貌は?


『ミュージックステーション』のADが総集編の編集目的で、大塚愛出演回の映像をチェックしていたときのこと。
Mステの観覧席というのは、番組の決まりで女性しか座れないのですが、なぜかその回だけ、観客席の一番端に男性らしき客が一人、座っていました。オープニングトークから男はずっと俯いており、顔が見えません。

番組は進み、大塚愛の出番に。タモリの呼びかけで大塚愛のトークが始まった後も、男は下を向いたまま。一通り話しが終わると大塚は移動し、『プラネタリウム』を披露します。

歌唱終了と共に、万雷の拍手を送る観客たち。しかしそこでADは、一人だけ明らかに周りと違う動きをしている客を見つけました。あの男です。拡大した状態で見てみると、男は鬼のような形相を浮かべながら、物凄い早さで手の甲を叩いていたのでした……。

物的証拠なし……かなり疑わしいエピソード


なんとも恐ろしい話……。なのですが、このMステの映像や画像は、ネットや書籍などを探しても見つからないのです。

物的証拠がない以上、かなりまゆつばな話なのですが、それでもなお、この『プラネタリウム』にまつわるエピソードが語り継がれているのは、話自体に人を引き込む魅力があるからに他なりません。
これからも私たちは、こうしたデマだと分かりきった、実体のない都市伝説に都市伝説に魅了され続けていくのでしょう。
(こじへい)

※イメージ画像はamazonよりプラネタリウム
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク