90s

野球界の裏側を描いた幻の問題作!ビデオテープで観る映画『ドラフト』の魅力【キネマ懺悔】

野球界の裏側を描いた幻の問題作!ビデオテープで観る映画『ドラフト』の魅力【キネマ懺悔】
『ドラフト』
怪しい小包が宅配ボックスに届いていた。中身はビデオテープだ。

深夜2時、ついに来たか……思わずニヤける男ひとり。遠目から見たら完全に変態である。
ついにこの連載もDVD化や動画配信されていないマニアックな映画に突撃だ。残念ながら90年代の邦画は権利関係も複雑で、VHSのまま放置されている名作も数多い。

というわけで今回は発掘キネマ懺悔である。それにしても、部屋のビデオデッキを起動させるのはいつ以来だろうか。“レンタル落ち”“2週間200円”と書かれたシールが貼られたままの黄ばんだビデオを入れると、20数年の時を超え再生ボタンを押した。

元木大介を巡るドラフト会議騒動が元ネタ


91年に制作されたオリジナルビデオ映画『ドラフト』。無意味に分厚いビデオパッケージには、「球界の深層を鋭く暴くもう一つのプロ野球」「陰謀・密約・裏工作・談合・裏切り・密告……ドラフトの壁に泣くのは球児達だけなのか? スポーツ紙から送り込まれたニューサスペンス!」と不穏すぎる説明書き。

この作品は、当時社会問題にもなった元木大介を巡るプロ野球のドラフト会議騒動をベースに作られている。
人気球団の東京シャインズ(もちろんモデルは巨人)は、ドラフト直前のスカウト会議で1位指名について話し合う。関西製鉄・野田(モデルは野茂英雄)は変則モーションで奪三振が多いのが魅力の即戦力右腕、最低二桁から15勝は期待できる。だが恐らく6~8チームは競合するだろう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「野球界の裏側を描いた幻の問題作!ビデオテープで観る映画『ドラフト』の魅力【キネマ懺悔】」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    最近、芸能人の過去などで酔いしれるテレビとメディア。もう、メディアの末期症状かもね。

    1
  • 匿名さん 通報

    もはや捨て値で売り尽くされて VHS自体が店頭に並んでないんだよなぁ…

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月14日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。