90s

辻発彦「歴代名将の長所を継承! 西武新監督のポジティブすぎる現役時代」【プロ野球世紀末ブルース】

辻発彦「歴代名将の長所を継承! 西武新監督のポジティブすぎる現役時代」【プロ野球世紀末ブルース】
突然だけど、いったいどの世代まで全盛期の辻発彦を知っているのだろうか?

プロ入りが84年で、95年まで西武在籍。球界最高の二塁手としてゴールデングラブ賞8度、ベストナイン5度受賞。93年には打率.319で首位打者獲得。96年のヤクルト移籍初年度には打率.333を記録。そして99年限りで現役引退だ。

恐らく、現在20代後半の人がなんとかリアルタイムで辻を見たことがある最後の世代だと思う。25年前の埼玉の野球少年の間では、好きな選手を聞かれて清原和博や秋山幸二ではなく、「辻」と答えるとなんか大人な気分になれたあの感じ。おじさんは思わず「君は辻を球場で見たか?」なんつってブランデー片手に語りたくなるいぶし銀。

秋山清原ほどメジャーじゃなく、羽生田忠克ほどマニアックすぎない。まさに辻発彦とはそういうプレーヤーだった。その辻が監督に就任した新生西武が順調なスタートを切った。14試合、8勝6敗でAクラスの3位をキープ(20日現在)。
楽天とオリックスが絶好調なのでなかなかニュースにはなりにくいが、まずは新監督のもと上々の開幕と言ってもいいだろう。

厳しすぎた広岡監督のもとでプレー


やはり辻発彦と言えば、現役時代にプレーした数々の名将とのエピソードが興味深い。

例えば、プロ1年目にはあの厳しすぎる広岡達朗のもとでプレー。とにかく広岡監督の指導は、現代でやったらチーム全員移籍志願レベルでハードだ。

春季キャンプでは、守備練習で若手が1人がエラーすれば「なんだ、おまえの捕り方は! 秋山はできるのに」とライバルを引き合いに容赦ないダメ出し。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月20日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。