90s

工藤公康 ソフトバンク監督が自由すぎる“新人類”だった頃

工藤公康 ソフトバンク監督が自由すぎる“新人類”だった頃
これほど若手時代と監督になってからのイメージが違う野球人も珍しい。ソフトバンク工藤公康監督を見ていてそう思う。30年前、“新人類”と呼ばれた若者も早いもので53歳のおじさんだ。

恐らく、2000年以降の工藤しか知らない若い野球ファンにとって、この男のイメージは40代後半まで現役で投げ続けた理論派投手だろう。
それが西武在籍時の自由すぎる工藤を見て来たオールドファンは、「いや、キャラ変わりすぎだろ」と思わず突っ込まずにはいられないこの感じ。

キャラ変わりすぎな工藤公康


例えば、引退後に出版された著書は『折れない心を支える言葉』『孤独を怖れない力』といった社会人向けの自己啓発本のようなタイトルが並ぶ。実働29年、11回の日本一を経験した通算224勝の殿堂入り左腕。もちろん凄まじい実績である。

でも、入団会見でパーマ頭に細眉で登場した工藤少年の姿は強烈だった。何て言うのか、昔ヤンキーの同級生と同窓会で再会したら、やり手の社長になっていたような妙な寂しさがあるのは事実だ。

俺も工藤も大人になった……。最多勝争いをしている年に監督から「あと何試合か投げるか?」と聞かれるも、「個人タイトルはいりません。シリーズに備えます」と何の迷いもなく日本シリーズへ向けての調整に切り替えたと自著に書くデキる男工藤。

……と思いきや、西武の若手時代には優勝争い真っ只中のフル回転指令に「優勝するためにやってるわけじゃない。来年投げられなくなったら終わりでしょ」なんて生意気すぎる発言をして、スポーツ新聞の一面を派手に飾ったやんちゃな素顔も隠し持つ。今回はそんな自由奔放だった工藤公康の若手時代を振り返ってみよう。

工藤を強行指名した西武ライオンズ


81年夏の甲子園で、キレまくりの直球と大きなカーブを武器にノーヒットノーランを達成したプロ注目の“愛知の星”は、社会人の熊谷組行きを表明する。しかし西武ライオンズがドラフト6位で強行指名。もちろんプロ入りする意志はなかった工藤だが、あの西武管理部長の故・根本陸夫が自宅にやって来て、工藤父と意気投合。夜中に叩き起こされ、急転直下の西武入りが決定する。

さすがの工藤も根本氏の白スーツ、白ネクタイ、白ハット、サングラスに葉巻のゴッドファーザースタイルに「あ、ヤバイ人だ」とビビリまくったという。だが、のちに野球界のオヤジとして根本を慕い、あの厳しい広岡達朗監督からは“坊や”と呼ばれ1年目から1軍起用される。

3年目のアメリカ留学を経て、4年目の85年には8勝を挙げ、防御率2.76で初のタイトル獲得。翌86年には初の二桁勝利に日本シリーズMVP獲得。87年にも15勝4敗、防御率2.41で2度目の最優秀防御率に。巨人との日本シリーズでも2勝1Sの活躍で2年連続MVPに輝いた。まさに順調すぎるキャリアだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。