review

「女囚セブン」剛力彩芽のアクションもっとください

連続ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)が2017年4月21日放送スタートした。『家政夫のミタゾノ』『奪い愛、冬』などと同じ金曜ナイトドラマシリーズ。
主演の剛力彩芽は、『グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜』『レンタルの恋』と深夜ドラマに連続出演している。深夜ドラマの女王だ。
「女囚セブン」剛力彩芽のアクションもっとください
キャプション:剛力彩芽『友達より大事な人』

あらすじ


ライバルの芸妓を殺し殺人罪で花園刑務所に入った神渡琴音(剛力彩芽)。しかし、その殺人は冤罪だった。
入所したばかりの琴音の世話を焼く坂本奈津(安達祐実)の罪は食い逃げの詐欺罪。琴音は、DV夫を殺したシングルマザー・市川沙羅(トリンドル玲奈)や、遺産目当ての後妻業をしてきたエロ女・津田桜子(平岩紙)から、さっそく新人いじめを受ける。

女の敵は女という思い込みをあぶりだす


女子刑務所ものに欠かせないことになっているのがいじめやいがみ合いのエピソードだ。
新人受刑者の琴音も、落とし穴に落とされ、勝手にラブレターを書かれ、ゴキブリ丼を食べさせられ、泥棒扱いされる。沙羅と桜子、全身整形のナース・矢島千鶴香(橋本マナミ)は常にいがみ合い「ぺちゃパイ」「満たされない女」「エロ女」などと罵倒し合っている。

女子刑務所のいじめを描いたフィクションでは、韓国映画『親切なクムジャさん』(2005年)がショックだった。刑務所の魔女と呼ばれるボス的な女が、他の受刑者に自分の性器を舐めさせるシーンがあるのだ。
それに比べると、琴音が受けたいじめや桜子たちのケンカはこどもっぽく感じる。女子のいじめの“イメージ”そのもので、

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「女囚セブン」剛力彩芽のアクションもっとください」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ゴリ押し剛力、まだいたんだ。

    1
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。