review

「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」キャラクター探偵の可能性

 ドラマ版「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(フジテレビ系)が4月23日に放送開始された。
「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」キャラクター探偵の可能性
原作

1話あらすじ


博物館の技術補佐員として働き出したばかりの館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)は、日本に数名しかいない骨格標本を組み立てる「標本士」九条櫻子(観月ありさ)の元へ向かわされる。櫻子は博物館から組み立てを依頼されていた骨を入れたトレイを手にし、この骨の発見場所に連れて行けと正太郎に要求する。そこで二人は、白骨死体を発見。後にそれが正太郎と同じマンションに住んでいた三島多香子(原田佳奈)だと明らかになる。

推理物は主役


推理物は主役が大事だ。犯人と頭脳勝負を行い、時には人生相談まで受けるのだから魅力がなくては人気も出ない。よっぽどの推理マニア以外の視聴者は、事件の謎解きと同じぐらい主人公の名探偵や刑事を重視しているはずだ。

そしてその主人公は、個性が強い場合が多い。「古畑任三郎」「ケイゾク」「相棒」最近では「IQ246」などもそうだ。常人離れしたしゃべり方、癖のある言動、風貌など、とにかく大きな特徴を持っている。その結果、やりすぎて視聴者から拒絶される事も多々ある。まぁ、馴れてしまえばたいがい「癖があって面白い」に覆るのだが。

そこでその個性を付けるのに手っ取り早い方法が「キャラクターをつける」事だ。これは上記の様に“頭が良すぎて奇人に見える”という訳では無く、単純に名刺になるような肩書きのことだ。

キャラクター×探偵


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」キャラクター探偵の可能性」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ラノベ原作、アニメはいいけど、実写ドラマはどーかなー?

    3
  • 匿名さん 通報

    小難しいこと抜きに良かった。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。