「モノが多すぎる」趣味人の夫のコレクションを片づけるコツ
一緒に片付けてみましょうか(画像はイメージです)。

断捨離・片付けの番組や雑誌記事、本を見るたび、感じるのは「一人暮らしならできるかもしれないけど、家族が一緒だとこうもいかないよなぁ」ということ。
特に夫がコレクターだったり、趣味人だったりする場合には「夫のモノが多すぎる」と嘆く女性が多く、ネットの掲示板などには多数の悩みが見られる。

整理収納アドバイザーに聞く片付けのコツ


夫のモノが多すぎる場合、片付けはどうしたら? 『ずっと美しく暮らす シンプル収納の家づくり』等の著書を持つ、整理収納アドバイザーで「Interior-R」の西口理恵子さんに聞いたところ、実は西口さんもかつて同じ悩みの持ち主だったことが発覚!

「私の主人も独身時代にはすごくモノが多くて、捨てられない人でした。主人の場合、同じモノをたくさん持つことが多く、例えば黒のTシャツだけで40枚くらいあったんです」
しかし、「結果」には必ず「原因」があるもの。そこで、まず「原因を聞く・探る」と、その過程で「以前、週に一度まとめて洗濯するため、なくなって困る経験が増えた→同じモノをたくさん持つようになった」ことがわかったそう。

「原因がわかれば、取り除く方法が見えてきます。我が家の場合、これまで全部たたんでしまわれていた40枚ものTシャツを、1枚ずつ全部ハンガーにかけて、見えるようにしました。見えることで初めて『たくさんある』ということに気づいたのです」

コレクターや趣味人にも、まず「原因」を聞くことが有効だそう。
とはいえ、コレクターや趣味人の場合、価値観をなかなか共有できないだけに、難しいけど……。
「モノの多いご主人に片づけてほしいと言いにくいのは、実は奥様のほうもあまり収納していない可能性がありますよ。例えば、自分の服やバッグが大量にあると、ご主人にモノを捨てろ・減らせと言ったところで、逆に『じゃあ、お前はどうなんだ?』と言われてしまうかもしれません」