90s

EXILE TAKAHIROの黒歴史!? 「テニミュ」降板→EXILE加入で大ブーイングの過去

       
しかし、そんなTAKAHIROの加入に関して、ちょっとしたゴタゴタがあったのをご存知でしょうか?

一部テニミュファンの顰蹙を買ったTAKAHIROのコメント


2016年10月、EXILEファミリー総出演の映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』公開に際して、TAKAHIROのインタビューが、『週刊女性』2016年10月18日号に掲載されました。記事の中でTAKAHIROは、共演者の一人・斎藤工について「僕は、初めましてだったんですが」と発言。

一見、何でもないようなコメントですが、過去の禍根を知る一部の層にとっては、顰蹙ものの一言だったようです。「一部の層」というのは、ミュージカル・テニスの王子様、通称「テニミュ」ファンの方々。

いったい、何に恨みを持っているのかというと、今から11年ほど前に起きた、ある出来事が関係しています。

青学2年生・海堂役として出演が決まっていた


当時TAKAHIROは、2006年8月から始まる『ミュージカル・テニスの王子様 Advancement Match 六角 feat.氷帝学園』に、主要キャストの一人・青学2年生の海堂役として出演が決まっていました。
テニミュといえば、若手俳優の登竜門としても有名。代表的なところでいうと、城田優、桐山漣、瀬戸康史などが、俳優として成功を収めています。

斎藤工もそのうちの一人。彼はTAKAHIROと同じ舞台に、青学の対戦校、氷帝学園の3年生・忍足侑士役として出演していますが、TAKAHIROとの共演は叶いませんでした。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「EXILE TAKAHIROの黒歴史!? 「テニミュ」降板→EXILE加入で大ブーイングの過去」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    アホみたいに刺青入れて音楽以外に活動は出来ませんよ。タトゥーが無ければ、もう少し早くダンスも浸透したかもね。

    17
  • 匿名さん 通報

    TAKAHIROはEXILE入りを諦め切れなかったからね。 舞台等を観に行く事が出来ない。本当はATSUSHIも辞めたかったんだよね。

    12
この記事にコメントする

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月14日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。