90s

マスコミとのカーチェイスも話題に! 和泉元彌の「ダブルブッキング騒動」とは?

マスコミとのカーチェイスも話題に! 和泉元彌の「ダブルブッキング騒動」とは?
※写真はイメージです
時代物を演じることに長けているからでしょうか。はたまた、格式ある名家の血筋ゆえ、殿様を演じれば気品が、荒武者を演じれば迫力が横溢するためでしょうか。

かつて、大河ドラマの主演には、伝統芸能の役者がよく抜擢されていました。記念すべき大河第1作目・『花の生涯』(1963年)では尾上松緑。
近年においては、『毛利元就』の中村橋之助(1997年)、『元禄繚乱』の中村勘九郎(1999年)、『武蔵 MUSASHI』の市川新之助(2003年)などが、テレビで大立ち回りを演じてきたものです。

木村拓哉を差し置いて、北条時宗役に抜擢された和泉元彌


和泉元彌もそのうちの一人。もっとも、先述したのは全員歌舞伎役者であり、彼は狂言師の出。
「和泉流宗家」の看板を掲げる元彌は、1998年に放送された『ネスカフェ ゴールドブレンド』のCMでブレイク(「違いが分かる男」でお馴染みのアレです)。

そこから、あれよあれよという間にスターダムを駆け上がり、2000年の年末には紅白歌合戦の白組司会、そして2001年初頭からは、大河ドラマ『北条時宗』の主役として茶の間を賑わせることとなるのです。

ちなみに、元彌以外で時宗役の候補として上がっていたのは、木村拓哉、竹野内豊、中井貴一。
どのような経緯があるにせよ、これら顔ぶれを差し置いて、主人公役を託されたということ自体が快挙であり、このエピソード一つとっても、当時の勢いが分かるというものでしょう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「マスコミとのカーチェイスも話題に! 和泉元彌の「ダブルブッキング騒動」とは?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「あの人は今」になってしまっているな。相変わらず大人げの無いことをしているな。マーしょせん親が親だからなあ・・・子供以上に手が掛かる。マジまともな人間じゃあないわな

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月30日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。