90s

ワイドショーの主役だった和泉元彌……00年代最強のトラブルメーカーだった!?

ワイドショーの主役だった和泉元彌……00年代最強のトラブルメーカーだった!?
※写真はイメージです
00年代のワイドショーの主役と言うと、真っ先に浮かぶのは和泉元彌ではないだろうか?
足掛け7年ほども世間を騒がせ続けた芸能界屈指のトラブルメーカーである。

世間的には無名だった狂言師・和泉元彌の名が一気に広まったのは、2000年2月のこと。翌年のNHK大河ドラマ『北条時宗』の主演として発表されたことがきっかけである。時宗の候補に中井貴一、木村拓哉、竹野内豊といった一流どころの名が上がる中での大抜擢だった。

これに伴い、この年の紅白歌合戦の司会も務めることに。まさに一足飛びで芸能界のトップに立とうとした矢先、数々の騒動が明るみになって行くのだった……。

勝手に独立して宗家を主張! 気付けば周りは敵だらけ?


まずは02年に「お家騒動」が大々的に噴出する。
きっかけは過去にあった。95年の父の死に伴い「和泉流二十世宗家」を名乗っていた元彌だったが、これがマズかった。要は、必要な手続きや了解を得ずに勝手に継承してしまっていたのである。

しかも、「和泉流二十世宗家 和泉元彌」を商標登録出願するなど、あくまで自分たちが正しいと主張。それどころか、能楽宗家会、和泉流職分会、能楽宗家会など、伝統と格式を重んじる相手に批判を繰り返して行ったのだ。

和泉元彌の母親「セッチー」がさらなる炎上を招く!?


騒動はワイドショーで連日やり玉に挙がったが、この時に濃すぎるキャラクターで表舞台に出てきたのが、「セッチー」のあだ名でお馴染みの元彌の実母の節子さん。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。