90s

キムタクも嫉妬!? 石橋貴明と工藤静香、濃厚キス連発の過去

当時、氷室京介の『VIRGIN BEAT』や相川七瀬 の『恋心』など、起用された楽曲がことごとく大ヒットしていた『三貴・カメリアダイヤモンド』のCM。そのCMソングに採用されることを目指すというコンセプトで企画は始動し、三貴側の要望に沿って書かれたのが、『A.S.A.P.』だったのです。

ちなみにユニット名の『Little Kiss』は、当時『Every Little Thing』や『My Little Lover』など、“Little”が入ったアーティストがブレイクしていたために、ゲン担ぎ的な意味合いを込めて“Little”入りの名称にしたのだとか。

ミュージックステーションでもキス披露!


作詞・作曲を手掛けたのは、秋元康×後藤次利のおニャン子コンビ。リリース日に設定されたのがバレンタインデーということもあり、大人の恋愛模様を歌った同曲はオリコン初登場3位に輝き、最終的には49.8万枚を売り上げるヒット曲となっています。

なお、工藤と石橋はプロモーションの一環として、ミュージックステーションに出演。歌唱終了後に“公開キス”を披露し、ここでも話題をさらいました。

結婚前のキムタクと工藤静香がデュエット


なお、この『Little Kiss』に関連する興味深い映像が、インターネット上に残っています。それは今はなき『SMAP×SMAP』において放送されたライブでのこと。
ゲスト・アーティストとして招かれた工藤静香が、当時は交際にすら至っていない現夫・木村拓哉と『A.S.A.P.』を熱唱しているのです。

注目すべきは、キムタクのやる気満々っぷり。古くから工藤の大ファンだったキムタクは、彼女の前でキレッキレのダンスを披露。今観ると猛烈なアプローチにしか見えません。肝心の歌唱はというと、気合が入り過ぎてしまったのか、本家のタカさんに負けないくらいちょこちょこハモリの音程を外していました。

そんな好きなコの前で頑張っちゃうキムタク版も魅力的な『A.S.A.P.』。ぜひ、チェックしてみてください。
(こじへい)

※イメージ画像はamazonよりA.S.A.P.

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2017年6月14日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース