90s

なぜか標準語だった…赤井英和主演ドラマの衝撃

近年のドラマではチョイ役が多い赤井英和。
『半沢直樹』で演じた大阪の町工場のおっさん役が、久しぶりに見た「いかにもなハマり役」だろうか。

赤井主演の90年代ドラマが好きだった筆者にとってはさびしい限りである。真っ先に思い出されるのは野島伸司脚本作品であるが、なぜか標準語で取り組んだ異色のドラマもまた思い返さずにはいられないのである。

ケンカ三昧の生活からボクシングで更生した赤井少年


赤井英和は大阪の西成出身。家の前でたびたび暴動が繰り広げられるなど、アウトロー最前線な環境だったそうだ。

刺激的すぎる毎日は、赤井少年をたくましく育て上げた。売られたケンカは必ず買う中学時代を経て、高校時代には仲間とともに「世直し軍団」と称して、地元のヤンキーを片っ端からシメていったとか。
近年では「知り合い同士でじゃれあっていただけ」と本人が語ることもあるが、そんな生易しいものとは到底思えない所業である。

ケンカ漬けの生活から足を洗ったのは、高2の時。入学以来取り組んで来たボクシングの国体で有名選手に勝利。雑誌に「無名の赤井が勝つ」と記事が掲載されことがきっかけだと言う。
ヤンキー時代もケンカで名を上げることにこだわっていたようなので、有名になることに人一倍執着があったのだろうか。

ともかく、以降は本腰を入れてボクシングに取り組んだ赤井。インターハイ優勝などの輝かしい実績を引っさげてプロに転向。全日本新人王を獲得、当時の日本記録であるデビュー以来12試合連続ノックアウト勝ちなど、数々の快挙を達成し、世界を狙えるボクサーとして期待を集めたのだが……。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「なぜか標準語だった…赤井英和主演ドラマの衝撃」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    赤井、多方面に最強だな!

    0
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月8日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。