90s

ブレイク前からすごい! 斎藤工の多彩すぎるキャリア

2014年、ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(フジテレビ系)で一躍大ブレイクを果たした俳優・斎藤工。
その後は、ドラマ、映画、CMなどに引っ張りだこ。その他にもコントもこなし、初の長編映画監督を務めた作品が来年の劇場公開を控えているなど(「齊藤工」名義)、多彩すぎる活躍っぷりをみせている。

現在35歳の斎藤は、ブレイク俳優としては遅咲きのようにもみえるが、そのキャリアは長く、多方面で才能を発揮してきた。
その意外な経歴を振り返ってみよう。

意外にも長いキャリアの斎藤工


斎藤工の俳優デビューは2001年、韓国映画「リメンバー・ミー」の日本リメイク版「時の香り~リメンバー・ミー」だ。ちなみに主演は吹石一恵だった。

その後、ドラマでは「逮捕しちゃうぞ」(2002年)、テレビ朝日、「ビー・バップ・ハイスクール」(2004年、TBS系)、「海猿」(2005年、フジテレビ系)、「ゲゲゲの女房」(2010年、NHK)など人気作に多数出演。
NHK大河ドラマにも、「江~姫たちの戦国~」(2011年)、「八重の桜」(2013年)と過去2本出演している。

ドラマデビュー作品「逮捕しちゃうぞ」


ここで、斎藤工が初めてドラマ出演を果たすこととなった作品「逮捕しちゃうぞ」を振り返ってみたい。
藤島康介のマンガが原作の「逮捕しちゃうぞ」は、アニメ化もされた人気作品。女性警察官のコンビが繰り広げるコメディーだが、ドラマ版では当時人気女優だった伊東美咲が主演ということでも話題になった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク