90s

井口資仁「天才野球少年が歩んだ日米通算2243安打への道」【プロ野球世紀末ブルース】

井口資仁「天才野球少年が歩んだ日米通算2243安打への道」【プロ野球世紀末ブルース】
※写真はイメージです
「井口引退か…。あぁ自分ももう若くはないんだな…」

野球ファンは気が付けば甲子園の高校球児が遥かに年下だったり、自分より年上のプロ野球選手が徐々に減っていくのを見て、己の年齢を実感する。

20日、球界最年長野手の42歳井口資仁がロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアムで会見を開き、今季限りでの現役引退を表明した。

96年ドラフト1位の逆指名でダイエー入団後は、小久保裕紀、城島健司、松中信彦らとともに王ダイエーの主力選手として活躍。05年にMLBのホワイトソックスへ移籍すると、同年にはチャンピオンリングも手に入れ、「メジャーで最も成功した日本人内野手」と称される。
そして09年にロッテで日本復帰した井口は、13年に当時楽天の田中将大からホームランを放ち日米通算2000安打も達成してみせた。

ドラフト前には激しい争奪戦が


96年ドラフト前の激しい争奪戦は今でも語り草だ。青山学院大学で東都大学リーグ記録の24本塁打を放ったショートストップに対して、まだ逆指名ドラフト全盛期の球界ではダイエー、巨人、中日といった各球団の間で熾烈な獲得合戦が繰り広げられた。

巨人はアトランタ五輪に出場する井口に対して、現地での飲み食い用にクレジットカードを渡したと一部で報じられ、寝業師・根本陸夫を擁するダイエーは井口の実家近くに新たに開店するコンビニの権利を譲り渡したと囁かれた。

まさに現代なら完全アウトの何でもありの仁義なき争奪戦。最終的に井口は青学の3年先輩・小久保裕紀がいたダイエーを逆指名してプロのキャリアをスタートすることになる。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。