90s

松野vs有森、天才ランナーの悲劇……バルセロナ五輪・女子マラソン選考に翻弄された3人のランナー

松野vs有森、天才ランナーの悲劇……バルセロナ五輪・女子マラソン選考に翻弄された3人のランナー
※写真はイメージです
1992年1月26日、大阪国際女子マラソン――。

スタート直前の長居陸上競技場(大阪市)には、全国から熱い注目が集まっていた。この年の夏に開催される、バルセロナオリンピック・女子マラソン日本代表の有力候補だった松野明美が出場するためだ。代表枠3名のうち、すでに山下佐知子が内定しており、残り2名をめぐって熾烈な争いが繰り広げられていた。

そんな中、一歩リードしていたのが松野だった。のちに松野は、日本陸上競技連盟から「大阪国際で日本記録を出せば、何位でも代表にする」と極秘に通達されていたと語っている。

しかし、レースは誰もが予想しない展開を見せる。このレースは、松野明美と有森裕子の20年に渡る確執を生み、小鴨由水という天才ランナーの競技人生をつぶしてしまう結果となる。

波乱の大阪国際女子マラソン


そしてスタートが切られた。レースは初マラソンで20歳の新人・小鴨由水が終始トップで進んでいき、なんとそのまま優勝してしまう。

小鴨は、陸上に詳しいマニアでも名前を知る人は少ない無名選手だった。「こかも」という苗字を、アナウンサーが終始「こがも」と実況していたことが当時の状況を物語る。
小鴨が大阪国際に出場した理由は、所属するダイハツのエースである浅利純子のペースメーカー・風よけのためだった。しかし浅利は36キロ付近で失速してしまう。小鴨は残り6キロを自由に走り、先頭のままゴールする。タイムは2時間26分26秒。日本新記録だった。ちなみに当時の日本記録は大阪国際に出場していない有森裕子が持っていた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「松野vs有森、天才ランナーの悲劇……バルセロナ五輪・女子マラソン選考に翻弄された3人のランナー」の みんなの反応 2
  • ゆうと 通報

    その通りだわ、陸連インチキ

    2
  • 匿名さん 通報

    凄い話だな。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月29日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。