bit

夏フェスの熱中症対策、ネットの噂は正しい? 医師に聞いてみた

夏フェスの熱中症対策、ネットの噂は正しい? 医師に聞いてみた
画像はイメージ

夏に増える野外フェス。もちろんライブハウスやコンサート会場でのライブも各地で開催される。しかし気になるのが炎天下、もしくは狭いライブハウスの密集した中で、猛烈な暑さにさらされること。よくライブ中に熱中症者が出たというニュースを耳にする。

夏のライブに参加するときの熱中症対策として、ネット上ではさまざまな対策が挙がっている。これらについて、有効かどうか医師に教えてもらった。

みんなのライブ熱中症対策に内科医がコメント


今回コメントをくれたのは、ジェネラルクリニック福岡の内科医、梶原由美先生だ。

●水分をとる
まずは、ライブの熱中症対策として多くの人が実践している、水分をたくさんとること。これは基本の対策となるだろう。

「水分は、ライブ前からこまめにとることが必要です。また、汗から失われるミネラル(電解質)を補うためにもスポーツドリンクや経口補水液を飲むことをおすすめします」(梶原先生)

●塩飴をなめる
中には、市販の塩飴をライブ前になめて予防する人もいた。

「汗から塩分が失われていくので、適宜塩分を摂取することが大事です。ナトリウム(塩分)などのミネラルが不足すると、けいれん、意識障害を引き起こす可能性があります」(梶原先生)

●牛乳を飲む
熱中症対策の水分といえばスポーツドリンクだが、牛乳がいいという噂もある。

「牛乳にはアルブミンというタンパク質が含まれています。アルブミンには血管内に水分を引き込んで、血液量を増やす作用があります。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク