90s

あの懐かしの人気レスラーも総出演! 隠れた名作『ヘッド・ロックGO!GO! アメリカン・プロレス』

WBCの侍ジャパンに密着したドキュメント映画『あの日、侍がいたグラウンド』が好評だ。

7月1日から7日までの1週間限定上映ながらも、都内の映画館では連日満員御礼が続いた。
ブルペンで先輩の投球を見学する若手投手が「球の回転がめっちゃ綺麗!」と驚愕するシーンや試合直前のベンチ裏での会話風景等、舞台裏の秘蔵映像が満載。

当然、観客は観る前から日本代表の準決勝敗退という結末を知っている。しかも優勝のハッピーエンドではなく、ある意味バッドエンドだ。いわば、究極のネタバレを承知の上で、野球ファンは劇場へと足を運んだわけだ。

野球に限らず何かを応援するという行為は、そのジャンルに興味のない人からは得てして理解されにくい。なぜそこまで熱心に? 自分がプレーするわけでもなければ、肉親や友達が試合に出ているわけでもないのに。
そんな不思議なファン心理を描写した映画が今回紹介する『ヘッド・ロックGO!GO! アメリカン・プロレス』である。

唯一の楽しみは「プロレス」だった……


……いやすいません、タイトルだけで引かないでほしい。

2000年のアメリカ作品。音楽が懐かしのバンドLitの『My Own Worst Enemy』という選曲に時代を感じさせる映画冒頭だが、田舎町のうだつの上がらない親友同士、ゴーディーとショーンは排水処理業務の同僚でもある。
ショーンは警察官の父親にビビりながら、いまだ実家暮らしの童貞(門限は23時)。ゴーディーも街の寂れたハンバーガーショップで腹を満たす日々。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク