smadan

MEGAドンキにニトリ 再開発で変わり続ける渋谷

MEGAドンキにニトリ 再開発で変わり続ける渋谷

各地で再開発が行われ、日を追うごとに新たな顔を見せる渋谷。
一見すると渋谷駅前の大型再開発が目立つが、それ以外にも道玄坂やセンター街、キャットストリート周辺にはここ数カ月のあいだに注目施設が続々オープンしている。
今回は、4月から6月にかけて渋谷駅周辺で新たに生まれたばかりの大型スポットを紹介したい。
MEGAドンキにニトリ 再開発で変わり続ける渋谷
日々刻々と変化を遂げる渋谷


MEGAドン・キホーテ渋谷本店(5月12日開店)


いま渋谷で最も話題となっている大型スポットの1つが、この「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」(以下、メガドンキ渋谷店)。
メガドンキ渋谷店が開業したのは、東急百貨店本店近くの渋谷区道玄坂2丁目交差点前にある「三善ビルディング1・0・9」。かつてパチンコ店(マルハン)、ゲームセンター(SEGA)などが出店していた建物だ。この出店に伴い、近隣にあった旧「ドン・キホーテ渋谷店」は閉館している。
「新店舗といってもドンキなんて珍しくないじゃないか!」と思う人もいるかもしれない。しかし、実は同店舗は従来の都心で良く見られたドン・キホーテと大きく異なる点がある。それはイトーヨーカドーやイオンのような「総合スーパー業態」であるということだ。
MEGAドンキにニトリ 再開発で変わり続ける渋谷
以前のドンキとは異なった雰囲気の「MEGAドン・キホーテ渋谷本店」


メガドンキ渋谷店の売場は地上6階、地下1階、売場面積は5,522平方メートルで、営業時間は24時間。面積的には旧店舗の約3倍へと拡大しているほか、店舗の雰囲気も旧店舗とは大きく異なるものとなっている。
エントランスには熱帯魚が優雅に泳ぐ大きな水槽が飾られ、明るく入りやすい雰囲気。そして、入口を入ってすぐに目に入る土産品売場では、東京土産を買い求める多くの外国人の姿があった。上層階はこれまでのドン・キホーテと同様の衣料品、くすり、生活雑貨、家電製品などの売場が広がるが、これらの売場もかつての店舗よりも広い面積を活かし、以前の「非日常的」な売場中心からより「日常生活」に密着した商品が多く品揃えされている。もちろん。ドン・キホーテらしいパーティーグッズなどの売場も以前にも増して充実している。
MEGAドンキにニトリ 再開発で変わり続ける渋谷
エントランスの奥には土産品が。外国人観光客の姿も目立つ

しかし、この店の一番の特徴は何といっても「食品売場」だ。食品売場は3フロアに分かれており、2階は菓子、酒など、1階は銘菓(土産品)など、そして地階は生鮮食品(青果、精肉、鮮魚)、惣菜、冷凍食品などの売場となる。
そのうち、とくに生鮮食品売場はこれまでの「ドン・キホーテらしいらしい売場」とは異なり、一部では百貨店のような対面販売もおこなわれている。実際に食品売場の来店客に取材してみると「これまでスーパーマーケットに寄って帰るということは考えられなかった」との答えが。実は、道玄坂周辺にはこれまでスーパーマーケットが1店舗も無かったのだ。惣菜やおつまみの品揃えも充実しているとあって、食品売場は早くも仕事帰りのサラリーマン、OL達から人気の立ち寄りスポットとなっているようだ。
MEGAドンキにニトリ 再開発で変わり続ける渋谷
惣菜や弁当類も幅広い品揃えであることがアピールされている

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月19日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。