bit

リゾート地セブ島に「東横INN」登場 日本との違いは?

リゾート地セブ島に「東横INN」登場 日本との違いは?

いつもの枕で目が覚めると、いつもの見慣れた真っ白い天井。あれっ、今日はどこに出張に来たんだっけ?

そう、ここはセブ島! 出張じゃなくてバカンス! 室内はいつもの東横INNだったが、窓を開けるとそこは異国の景色。部屋ごとパラレルワールドに移動したような(漂流教室か)、なんとも不思議な感覚をたっぷり堪能した。
リゾート地セブ島に「東横INN」登場 日本との違いは?
東横INNユーザーにはいつもの通りの室内
リゾート地セブ島に「東横INN」登場 日本との違いは?
しかし窓の向こうはフィリピン!

できたばかりの「東横INNプノンペン」を訪れ、「Excite Bit コネタ」でレポートしたのは2年前のこと。東横INNファンの私は、異国で感じるいつもの光景が最高に面白く、以来、海外東横INNのことが俄然気になるように。

さっそく韓国の東横INNをコンプリート。そして今年4月28日、韓国・カンボジア・ドイツに続いてフィリピンにも「東横INNセブ」がオープンしたと聞き、ここぞとばかりにセブ行きの航空チケットを購入したのだった。

それにしてもリゾート地として知られるセブ島に、ビジネスホテルとして知られる東横INNとは。そこには一体どんな化学変化が起こっているのか……。気になるではないか。


室内は期待以上にいつも通り! 朝食はフィリピン料理もあり美味!


韓国発のLCCだったため、到着は夜1時。初めて訪れる国の深夜タクシーということで緊張したが、15分ほどですんなり到着した。

ビルの入り口でガードマンによる荷物チェックを受けるという違いはあるが、いつものガンダムっぽい制服を着たフィリピン人の女性に、いつもどおり会員証を見せてチェックイン。部屋に入ると内装はもちろん机の配置、バスルーム、細かな備品、本棚の『内観』(英語版)まで、期待以上にいつもの東横INNそのままであった。

あわせて読みたい

Excite Bit コネタの記事をもっと見る 2017年7月18日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース