bit

『フランスの子どもはなんでも食べる』その秘訣とは【フランス人すごい本を検証】

       
近年、フランス人のライフスタイルを紹介する書籍が何冊も刊行されています。タイトルを見ると、「年をとるほど美しい」「太らない」「夜泣きをしない」などなど。暮らしの参考になる点がたくさんあるようですが、SNSなどでは「フランス人に幻想を抱きすぎでは?」という声もあります。そこで、『地球の歩き方』特派員でパリ在住のジャーナリスト・加藤亨延さんに「フランス人すごい本」を検証してもらいました。

  * * *

『フランスの子どもはなんでも食べる』その秘訣とは【フランス人すごい本を検証】

カレル・ル・ビロン著『フランスの子どもはなんでも食べる』は、カナダ人大学教授であり2児の母である著者がまとめた、北米とフランスの食育を比べた本だ。著者夫妻は、それぞれが勤める大学から1年間の在宅勤務の許可をもらい、それを機会に住んでいたバンクーバーから夫(フランス人)の実家があるブルターニュの小さな町に引っ越した。

著者の2人の子ども、ソフィー(5歳)とクレア(2歳)は、好き嫌いが激しかったものの、夫の両親や親戚、近所との付き合い、現地の学校を通して著者自身が経験したフランス式の食育を試すことにより、次第に好き嫌いを克服した。本当にフランスの子どもは、なんでも食べるのだろうか? 

子どもの好き嫌いはフランス人も同じ


じつは本書、フランスの子どもが他国と比較して好き嫌いをしない、と主張しているわけではない。子どもの好き嫌いはどこの国でも起こることではあるが、方法によってはそれを克服することができ、そのきっかけがフランス流の食育にあった、という展開だ。

著者によれば北米とフランスでは、子どもに対する食事の考え方が、まるで違うという。

『フランスの子どもはなんでも食べる』その秘訣とは【フランス人すごい本を検証】

北米は「子どもにも食べ物に選択肢を与えるべきだ」と考え、フランスは「子どもの食べ物には選択肢を与えない」と考える。子どもが嫌いな食べ物に対したとき、北米の場合は他の選択肢を提示して「食べさせる」行為を優先させる。一方でフランスは他の選択肢は出さず、子どもが癇癪を起こそうが親が出したものを食べなければ、お腹は満たされないことを子どもに理解させる。子どもだからと言って特別メニューにするのではなく、大人と同じ食事を出し、食べ慣れない食材も何度も食べさせることでその味に慣れさせ、最終的には大人と同じものを食べられるよう教育するのだ。

結果「食べさせる」ことを優先する北米式は、その場の子どもの癇癪を抑えられ、親にとっては楽であるものの、子どもの偏食を助長してしまう。しかし嫌々でも空腹に耐えかね食べさせるフランス式は、根気はいるが幼い頃から満遍なくさまざまな食材に慣れられる。この食育に対する違いが、フランスの美食文化の土壌になっている、と著者は説く。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『フランスの子どもはなんでも食べる』その秘訣とは【フランス人すごい本を検証】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    移民もいるし階級もあるフランスってひとくくりにできるのかなーーー?って疑問のコメント残したら消された。なんで?exciteさん?

    2
この記事にコメントする

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月23日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。