90s

稲葉篤紀「転機はまさかの日本ハム移籍、北海道で人生を変えた男」【プロ野球世紀末ブルース】

稲葉篤紀「転機はまさかの日本ハム移籍、北海道で人生を変えた男」【プロ野球世紀末ブルース】
94年ドラフト3位でヤクルトに入団(※写真は明治神宮野球場)
「僕の口からはなんとも……」

先日、『報道ステーション』出演中の稲葉篤紀は、侍ジャパン次期監督報道について富川アナから突っ込まれ、苦笑いしながらそう答えた。監督経験がないのは大きな不安要素だが、選手としてもコーチとしてもWBCを戦ってきた44歳。

酸いも甘いも噛み分けた野球人生


エリート街道まっしぐらかと思えば、中京高校では県大会の決勝で少年時代から同じバッティングセンターに通っていたイチロー擁する愛工大名電に敗れ、法政大にはセレクションを受け滑り込み、しばらく先輩たちの雑用に追われる平凡な日々。
そんな酸いも甘いも噛み分けた野球人生を送ってきた男だ。

気の早い話になるが、例え近い将来に大谷翔平がメジャー移籍しても、日本ハムでチームメイトだった稲葉ルートでWBC本大会に招集できる可能性が多少は高まるかもしれない。

もしかしたら、今の80年代後半~90年代生まれの代表選手や若い野球ファンには、ヤクルト時代よりも「稲葉篤紀=日本ハム」というイメージが強いのではないだろうか。

近鉄入団が決定的と言われていた稲葉篤紀


90年代中盤からヤクルトの主力選手として活躍した稲葉だが、実は94年ドラフト時は近鉄入団が決定的と言われていたことはあまり知られていない。
当時ヤクルトスカウトの片岡宏雄も自著で「稲葉はヤクルトの指名候補に入っていなかった。近鉄と話がついている、との情報が入っていたからだ」はっきりと書いている。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「稲葉篤紀「転機はまさかの日本ハム移籍、北海道で人生を変えた男」【プロ野球世紀末ブルース】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    安倍さんの好きなゴルフも失敗を楽しむスポーツです。苦労の無い英国貴族が失敗の苦労を楽しむためにゴルフ場にやって来た。深いバンカーや草むらがあるのだ。この伝統は今でも変わらない。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月19日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。