遊川和彦脚本の新ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ・水曜22:00〜)第3話。

過保護に育てられてきたカホコ(高畑充希)が生まれてはじめて厳しいことを言われ、それでいてちょこちょこ優しい面を見せてくる画家志望の男・麦野初(竹内涼真)を好きになっちゃうという予想通りの展開だった。

世間知らずというレベルではない、ちょっと頭が足りないのでは……と心配になっちゃうほどの天然っぷりを発揮しているカホコがネットで情報を調べ、

・下の名前で呼びましょう
・会話に「好き」って言葉を入れましょう
・さりげなくタッチしましょう

などのアドバイスをそのまんま実行。

「つきあっちゃおうよ! いいじゃんハジメ〜(ペタペタさわりながら)」

などと距離感がまったく分からない感じで、突然すごいことを言い出す。

よく分からないなりに一生懸命、麦野に迫る姿はかわいらしくて、父親感覚で微笑ましく見ていたのだが、前回まで、ほぼ幼稚園児レベルの行動をとっていたカホコがいきなり恋愛に前のめり……というのは、やはりちょっと唐突な感じはした。

……カホコ、「みんなを幸せにするような仕事」はどこいった!?
「過保護のカホコ」3話。遊川和彦にしては過保護っぷりが中途半端、もっと座敷牢に入れたりとかして欲しい
イラスト/北村ヂン

母親よ、もっと過保護になれ!


過保護に育てられたカホコが何だかんだあって両親から自立していくドラマであることはだいたい予想がついているけど、その自立のきっかけが「男を好きになったから」というのは少々ベタ過ぎる展開だ。

強烈なキャラクター、トリッキーな展開こそが遊川作品のウリだと思うのだが(諸刃の剣だけど!)、今回の『過保護のカホコ』では、その辺がちょっと物足りなく感じてしまう。