90s

CM契約数14本! 還暦過ぎて“CM女王”になった中村玉緒

先日、上半期のタレントCM起用社数ランキングが公表されました。

女性タレント部門でトップに立ったのは、女優の広瀬すず。契約社数は「14」で、男性タレント部門トップにあたる相葉雅紀(嵐)と錦織圭(プロデニスプレイヤー)の10社を大きく引き離し、男女総合でも堂々の第1位に輝きました。

さて、歴代のCM女王を振り返ってみると、毎年、その時々で旬な女優やアイドルが名を連ねていることが分かります。

2016年・年間1位は吉田羊(13社)、2015年は上戸彩(13社)、2014年はローラ(14社)、2013年は武井咲(17社)、2012年は板野友美と篠田麻里子(20社)……。時代の顔がズラリ勢揃い、といった趣です。

2000年春に“CM女王”になった中村玉緒


このCM女王ランキングにちょっとした異変が起こったのは、今から17年以上前となる2000年初春のこと。“春の珍事”の主役となったのは、ベテラン女優の中村玉緒。
当時既に還暦を超えており、決して「旬」でも「フレッシュ」でもないのに、今年の広瀬すず(19)と同じ14本というCM契約数を叩きだしたのです。

いうまでもなくCMの出演量は、タレント個人における人気の指標となります。
だからこそ2000年春、第3位の深田恭子(10本)、第2位の藤原紀香(13本)と、当時人気絶頂だった女優2名を差し置いてトップの座に君臨した玉緒が、いかにすごいか分かるというものでしょう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク