smadan

就活生を悩ませる「コミュ力」の本当の意味 コピーライター山本高史さんインタビュー

就活生を悩ませる「コミュ力」の本当の意味 コピーライター山本高史さんインタビュー

オリンパス、三井住友海上、MS&AD、S&B、JR東日本の「Suica」などの広告を手掛け、企業戦略のコンサルティングにも携わるコピーライター山本高史さんは、関西大学社会学部教授でもある。ゼミ生の就職活動も一段落したところで、彼らと企業とを取り巻くコミュニケーションに懸念があるという。

就職活動をする学生と、それに向き合う企業。一種の通過儀礼ともいえる就職活動だが、その学生と受け入れる社会との関係性が昔と比べて大きく変わったようだと、山本さんは静かな口調で語る。

「パワハラ」「セクハラ」「ブラック」や「3年で3割やめる新卒社員」など企業と社員を巡ってあまりハッピーではない情報が行き交う就職状況において、実際に大学で指導していることを山本さんは話してくれた。

学生と真正面から向き合おうとしない社会。


「私はここ数年大学のゼミで、学生たちが毎年就職活動に苦闘しているのを見ています。

それはコミュニケーション経験の不足など学生の側の問題でもあるのですが、ただ、社会の受け入れ方には看過できないものがあると思っています。就職とは、企業が、つまりその総体として社会が若者を受け入れるということです。しかし今は、『お祈りメール』が『サイレントお祈り』に『進化』したように、本来、次の世代をしっかりと受け止めなければならない社会が、学生と向き合うことから逃げているように見えます。冷酷さすら感じます。昔はよかったは言わない約束ですが、かつての『サラリーマンという仕事はありません。』というコピーが示した年長者が若者にアドバイスをし次の時代を託す構図がちゃんとあったと思います」

「お祈りメール」とは、会社が学生に対して出す、就職面接の結果の「不採用通知メール」のこと。不採用の旨を述べた後、「●●様の今後のご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げます」と締めるものであった。それが今は「不採用通知メール」すら送られないこともあることから、「サイレントお祈り」と呼ばれている。

「ぼくが新卒で就職して会社の部署に配属されたときは、上司から『コピーライターが向いてないと思ったら辞めちゃえよ』『下育てる気ないから』などと言われたものです。でも言った分だけ、ぼくの手を離さなかった。遅く拙い仕事に最後まで付き合ってくれたものです。本来接触しないと、人の価値観や社会観、人生観はわからないですよね。わからないからわかりあいたいと思う。

しかし今は、若者は狭いコミュニティの中で生きているまま。大人もそれに手をかけようともしない。大人も若者もどっちもどっちですけどね。ただ取り返しのつかないボタンの掛け違えが繰り返されているような印象を持ちます」

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク