90s

「ロンハー」で"ブチギレ"も……マルシアが芸能界から干された理由

歌手・タレントとして活躍中のマルシア。そんな彼女は今年1月に放送された「しくじり先生」3時間スペシャルにて、"ブチギレ"が原因で仕事が激減した過去を明かしている。

歌手としてデビューしたマルシア


マルシアはブラジル移民の日系三世としてブラジル・サンパウロで育った。
デビューのきっかけは1985年、ブラジルで開かれたTBSの『TBS歌謡選手権』で準優勝したこと。その4年後の89年に『ふりむけばヨコハマ』で歌手デビューすると、同楽曲は日本レコード大賞最優秀新人賞に輝いている。

デビュー当時、事務所はマルシアを“清楚な大和撫子”路線で売っていこうと考えていたらしい。
しかし、『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングに出演した際、髪をアップスタイルにしてショートパンツ姿で登場し、明るいキャラ全開で喋り通した。
これが大きな反響を呼び、歌手業だけではなく、バラエティなどにも多く出演するようになったのだ。

2001年、「新春かくし芸大会」でブチギレ!


そして1994年には大鶴義丹と結婚(04年に離婚)。私生活も順調であったが、家庭を持ったこともあり、仕事自体は徐々に減っていったという。

そんな折の2001年、最初の「ブチギレ事件」を起こしてしまう。
『新春かくし芸大会』(フジテレビ系列)に出演したマルシアは、チームリーダーとして毎日猛練習を積んでいた。しかし、採点の結果は50点中44点。この結果にマルシアは満足せず、大激怒。ブチギレしたまま、スタジオを飛び出してしまったのだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク