森重樹一 当時のメンバーは自分だけという状況下でZIGGYを名乗る理由とは/インタビュー後編1

 
森重樹一 当時のメンバーは自分だけという状況下でZIGGYを名乗る理由とは/インタビュー後編1

■森重樹一(ZIGGY)/『ZIGGY SINGLE COLLECTION』インタビュー後編(1/2)

――インタビュー前編

メジャーデビュー30周年の節目を迎えている、ZIGGYの森重樹一。過去の全シングル曲がカップリング曲ともども完全網羅された『ZIGGY SINGLE COLLECTION』のリリースに伴う今回のインタビューの前編において、彼は「シングルというものに対する抵抗はまったくなかった」と言い切っていた。とはいえ、ヒットシングルの誕生が彼の人生に少なからず影響を及ぼしたことは間違いないはずなのだ。今回は、「GLORIA」が爆発的なヒットを記録した時代を振り返るところから、話を始めることにする。そして会話は当然のごとく、2017年という新たな節目に関することへと及んでいった。
(取材・文/増田勇一)

バンドマンをリッチな生活ができる職種だなんて考えている人は、あの時代には皆無だった

――今回はこうした局面でもあるので、過去のチャート記録などについても改めて調べてみたんです。するとセールス実績的には「GLORIA」がやはりダントツで、オリコンのシングルチャートでは3週連続で3位を記録していました。ちなみにその3週間、上につかえていた楽曲はずっと同じだったんですが、それが何だったか憶えていますか?

森重:いや、全然わからない。
森重樹一 当時のメンバーは自分だけという状況下でZIGGYを名乗る理由とは/インタビュー後編1

――光GENJIの「太陽がいっぱい」と、プリンセス プリンセスの「世界でいちばん熱い夏」だったんです。

森重:ああ、なるほど! たしかにそういう時代でしたよね。

――そうしたメガヒット曲とともに自分の作った曲がチャートの上位に君臨している。そうした状況を、当時の森重さんはどんなふうに感じていたんでしょうか?

森重:うーん。どうだったんでしょうね。今となっては当時の気持ちを正確に言葉にすることはできないけど、なんだか不思議な感覚ではありましたよ。たとえば、テレビの歌番組とかに生出演するようなことになってくるわけですよ。当時、俺は国立市に住んでいて、いつも中央線に乗って都心に向かうわけです。で、恵比寿にあった事務所に着くと、当時のマネージャーが車でテレビ局に連れて行ってくれて……。チャートの上のほうにいる自分がそうやって電車を乗り継いで事務所に通い、テレビの仕事が終われば決して広くはないアパートに戻っていくという現実のなかに居たわけなので、ヒットの実感を味わいようがないというのはありましたね。実生活に変化が出てきたのは、もっと時間が経ってからのことだったし。なにしろ当時はまだ、バンドをやっていてメシが食えるというのが奇跡みたいな時代だったから。いわゆるバンドブームが到来する、ちょっと前のことですからね。バンドで好きなことをやって食えるようになるなんて、身近な前例もなかったし、バンドマンをリッチな生活ができる職種だなんて考えている人は、あの時代には皆無だったと思う。ただ、自分の好きなことだから貧乏をしてでも続けたい、ということでしかなかった。ただ、そういう時代を経験してきたことは、自分にとってもむしろ良かったんじゃないかなと思うんです。
森重樹一 当時のメンバーは自分だけという状況下でZIGGYを名乗る理由とは/インタビュー後編1

――なるほど。テレビの世界へと足を踏み入れていくなかでは、浮かれる部分よりも違和感のほうが大きかったですか?

森重:そうですね。大御所の皆さんが居並ぶテレビ番組に、髪を逆立てて派手な服を着て出ていく自分たちというのについては、やっぱり当然のように違和感を抱いてたと思う。まあでも、自分から頼んで出させてもらっているわけじゃなく、出てほしいと言われて出ていたわけだから(笑)、招かれざる客というわけじゃないんだろうな、とは思っていましたけど。俺自身、アマチュア時代から、まわりと仲良くしてどうにかなりたいとか、仲間うちのお山の大将になろうとかしていたわけでもないし、やっぱりどう考えても跳ねっ返りだったわけですよ。どこでも浮いていた。それこそ俺は<どこへ行っても嫌われ者さ>なんて歌っていたわけだけど(「I'M GETTING' BLUE」のカップリング収録曲、「BOOGIE WOOGIE TRAIN」の冒頭の歌詞にそうある)、実際、自分のなかでの実体験としてそういう歌を書いていたわけだし。でも、そんな自分が一時ではあるにせよテレビとかに出させてもらうというのは、まあ、悪いことじゃないんだろうなとは思ってましたね。

――インタビュー後編2へ



≪リリース情報≫
『ZIGGY SINGLE COLLECTION』
2017.08.09リリース
TKCA-74544 / ¥3,500(税抜)


≪ツアー情報≫
【ZIGGY TOUR 2017】
森重樹一(Vo)
<サポートメンバー>
カトウタロウ(Gt)、Toshi(Ba)、CHARGEEEEEE…(Dr)、佐藤達哉(Key)
2017年11月2日(木)新横浜 NEW SIDE BEACH!!
2017年11月3日(金)神戸 VARIT.
2017年11月5日(日)広島 セカンドクラッチ
2017年11月9日(木)HEAVEN’S ROCK 宇都宮
2017年11月10日(金)仙台 HOOK
2017年11月19日(日)東京 TSUTAYA O-EAST
2017年11月22日(水)新横浜 NEW SIDE BEACH!!
2017年11月23日(木・祝)静岡 Sunash
2017年11月25日(土)岐阜 Club roots
2017年11月26日(日)金沢 GOLD CREEK
2017年11月30日(木)札幌 cube garden
2017年12月1日(金)旭川 CASINO DRIVE
2017年12月3日(日)函館 Club Cocoa
2017年12月7日(木)梅田 CLUB QUATTRO
2017年12月8日(金)名古屋 CLUB QUATTRO
2017年12月10日(日)博多 DRUM Be-1
2017年12月16日(土)沖縄 Output
2017年12月17日(日)沖縄 Output ※FC限定ライブ

森重樹一 オフィシャルサイト
ZIGGY レーベルサイト
ZIGGY 掲載記事一覧
エキサイトミュージック インタビュー掲載記事一覧
excite music official Twitter
excite music official Facebook
excite music official YouTube channel
編集部おすすめ

あわせて読みたい

森重樹一のプロフィールを見る
エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「森重樹一」に関する記事

「森重樹一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「森重樹一」の記事

次に読みたい「森重樹一」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク