smadan

なぜ男の無謀告白は“告ハラ”と呼ばれてしまうのか?

なぜ男の無謀告白は“告ハラ”と呼ばれてしまうのか?

絶対に両想いではないのに、自分の気持ちにけじめをつけるため、告白をした経験をお持ちの方はどのくらいいるでしょう。
悪く言えば、相手の気持ちを考えない自分勝手な行為ともいえますが、これを“告ハラ”と称して取り上げた記事が、ネットでは話題を呼んでいます。

イチかバチかの告白は、告白された女性に負担を感じさせ、時には暴力とまで思わせることもあるという主旨の記事です。
筆者も振り返ると「なぜこのタイミングで告白してきた!?」と落胆するような告白シーンがいくつか思い出されます。今思えば「好意を抱いてくれてありがとう」と思えますし、別にそれを告ハラとまでは呼ぶ気もありません。しかし、なぜ見込み違いの告白に男性は走るのかについては、しっかり考える必要がありそうです。


「デート3回目神話」にとらわれ無謀な告白に走る男性


男性が無謀な告白に走る理由を考えると、いわゆる恋愛マニュアルに描かれている“セオリー”が、逆に恋愛経験の乏しい男性の心を乱し、無謀な告ハラに走らせているように思います。
たとえばよくあるのが“3回目のデートで男性側から告白せよ”という「デート3回目神話」です。一般的にいいなと思った相手との関係がダラダラ続くと、恋愛関係に発展する前に関係がマンネリ化してしまう。そのため脈があるのなら熱量の高い3回目のデートあたりで告白せよというのが、このテクニックの理論です。
しかし、ここで重要なのは、いわずもがな3回目という回数ではなく“脈あり”と“高い熱量”です。相手の脈などを見定めることのできない男性が、やみくもに3回という数字にこだわり、「どっちつかずの関係が長引くなら、自分の熱量の高い今、告白してしまおう」と告ハラに走っている可能性はありそうです。


女にとって好きじゃない告白はどういう意味がある?


告ハラというセンセーショナルな言葉に、多くの男性が衝撃と反発を感じているようですが、好意を抱いていない男性からの告白されると、女性は実際にどんな気持ちになるのでしょう。

「仕事関係など、男女の関係以外につながりがあると、告白された後にやりにくさを感じます。断った後の距離感はどの程度に保とうかとか。周りの人に悟られないようにしようとか。そういう迷惑がつきまとうという意味では、社内での無理打ち告白は、告ハラと言えるかも」(34歳・企画職)

「以前友達の紹介で知り合った男性が、知り合って1回目のデートで告白してきました。彼いわく、会った時からいいなと思ってくれたそうで、今日のデートで好意を確信したからってことですが……2回目の再会というスピード感についていけなかったし、自分の好意だけを基準に告白してきた点には、自分勝手さを感じました」(31歳・出版関係)

彼女たちの話を聞いていると、ハラスメントとまでは言わないものの、「迷惑を感じた」という感覚を確かに覚えます。男性の中には、告白されることを1つの勲章のように嬉しく思う人がいるようですが、男女の感覚の違いも、告ハラという言葉を生み出す要因になっていそうです。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月29日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。