smadan

生理でイライラする理由!女の腹には常にヤンキー左官屋見習いがいる

       
生理でイライラする理由!女の腹には常にヤンキー左官屋見習いがいる

女性だけが味わうことができる苦労であり、幸せ。それが子を産むために備わった、排卵や月経、それに伴う体の変化です。
先日、そんな生理に関するある4コマ漫画がネットで紹介され、話題になりました。それはカップルの家デート(セックス予定)が、彼女の突然の生理到来により、実行不可能になってしまった際のやりとりを、面白おかしく紹介したものです。
彼の家に訪れた彼女は、開口一番申し訳なさそうに「今日生理なの」と彼に伝えセックスできないことを伝えます。彼は「仕方ないよ」とフォローを入れつつも、「本当にできないの?」と聞いたり、「少しなら」とか「ゴムをつければ」と、食い下がってきました。
結局彼は「じゃあ今日はもう帰る?」と一言いい、彼女は激怒というシュールなオチになるのですが、この漫画を読んだ人からは、「クズだと思う」「抜いてあげればいいんじゃん?」など、さまざまな声があがっています。

概ね漫画の男性キャラに対する否定的な意見が多かったようですが、男女平等が叫ばれている今でも、生理に対する認識の違いをこうも題材にされてしまうと、なかなか女としては眉をひそめる部分があります。
そもそも生理には重さに個人差がありますが、女性を気遣うためにも、改めてその仕組みをもう少しわかりやすく頭に入れておいては良いのかもしれません。今日はそんな考えのもと、生理の苦しみと痛みと仕組み、そしてその際の女心を、男性向けに解説します。


女性は28日で“生まれ変わる”と言われるわけ


生理の仕組みをまずはご説明すると、女性の体は約28日周期(人により個人差あり)で、妊娠に備えた動き方をしています。
28日の中で起きることは、前回の生理が終わってから約10日で卵子が排卵され、同時に卵子が受精した場合を想定して、子宮内の壁が厚くなります。しかし卵子が期間内に受精しなかった場合、壁は不要となり、28日目には生理となって、体の外へと排出されます。同時に、また新たな卵子の育成が始まっており、生理の10日後に次の卵子が誕生(排卵)されるわけです。
これが一応の生理の流れですが、男性にとっては「卵子」や「排卵」「受精」という言葉も、全くもってイメージできない用語かもしれません。そこで今回は女性の生理の仕組みを、「ヤンキーの左官屋修行」に例えて、生理をちょっとだけわかりやすくご説明します。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月8日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。