90s

わずか3年で閉園に……映画のテーマパーク『鎌倉シネマワールド』とは?

首都圏有数の観光地・鎌倉。四季折々の風景と由緒ある史跡を堪能できるこの地は、今も昔も多くの観光客を魅了してやみません。
そんな鎌倉にかつて、開園からわずか3年あまりで潰れてしまったテーマパークがあったのをご存知でしょうか?

その名も『鎌倉シネマワールド』。松竹創立100周年記念事業の一環として松竹大船撮影所敷地内に設けられた同施設は、ユニバーサルスタジオジャパンより先に創られた「映画のテーマパーク」として歴史にひっそりと名を残しています。

松竹“第三の柱”となる新規事業として期待されていた


鎌倉シネマワールドが開園したのは、1995年10月10日。今から20年以上前のことです。総工費は約150億円。松竹としては、映画や演劇の赤字を補填する“第三の柱”にこの新規事業を育てていきたいという思惑があり、それゆえ力の入ったプロモーションを実施していました。

「行ってみようよ!シネマワールド!」

そんな一言から始まる、当時松竹専属女優だった羽田美智子を起用した宣伝CMが、松竹系映画館の予告編でよく流れていたものです。

悲惨だったガラガラのアトラクション


筆者も幼少期に一度、親に連れられてシネマワールドへ行ったことがあります。そのときは夏休み期間中だったのですが、人の入りはまばら。人口密度と活気でいったら、同じ鎌倉でも、鶴岡八幡宮や大仏で有名な長谷寺のほうが、はるか上に思われました。

この何となく物悲しいムードをさらに加速させたのが、園内に設置されたアトラクションです。同施設では、アトラクションの多くがお客さん参加型。受け身でいることは許されず、能動的な姿勢が求められます。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク