90s

岡田准一と松本潤が演じた「不倫」のカタチとは?

昨年、ベッキーと川谷絵音の不倫スクープ以来、次々と不倫が報道されている。不倫が原因となり、活動自粛に追い込まれるなど、芸能活動にも影響が出ることも多い。

このように不倫にはさまざまなリスクがあるが、映画やドラマになると時には美化され、純愛として描かれることもある。10年以上も前になるが、ジャニーズの人気タレント2人も、映画の中で年上女性との不倫を経験している。

孤独でおとなしい大学生、岡田准一が人妻と恋に落ちる


2005年1月に公開された映画「東京タワー」は、大学生の透(岡田准一)・同級生の耕二(松本潤)の2人の少年と、年上の既婚者、2組の不倫関係とその顛末を描いている。

透は、母親の友人で青山の一等地でセレクトショップを経営する人妻、詩史(黒木瞳)と出会い、互いに惹かれ合う。母子家庭に育ち物静かで孤独を愛する透は、部屋で詩史の好きな音楽を聴き、好きな本を読みながら誘いの電話をひたすら待つ。
映画の冒頭で透は「恋はするものじゃなくて落ちるもの」と語るように、まさに落ちていくのだ。

恋愛に奔放な松本潤、平凡な主婦がと不倫関係に


一方、透の友人である耕二は、駐車場のバイトで知り合った主婦、喜美子(寺島しのぶ)と不倫関係に。

耕二は透とは違って恋愛に対して奔放でプレイボーイタイプ。同級生の母親と関係をもったことを同級生に見られて、家庭を崩壊させた過去の傷を抱えている。
喜美子は横暴な夫(宮迫博之)とクセのある姑と暮らす一見平凡な主婦だが、耕二にのめりこみ、夫を嫌悪するようになる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク