smadan

鈴木砂羽さん舞台めぐる「土下座騒動」 芸事での“パワハラ”は仕方ないのか?

       
鈴木砂羽さん舞台めぐる「土下座騒動」 芸事での“パワハラ”は仕方ないのか?
画像は本文と関係ありません

女優の鈴木砂羽さんが、初めて演出を担当した舞台『結婚の条件』の稽古中に出演女優らに土下座を強要したとして騒ぎになっている。普通の会社なら間違いなくパワハラとされる行為だが、芸事は基本的に“やりたい人が手を挙げてする仕事”であり、演者は弱者ではないというのが議論を複雑化させているようだ。舞台に近い立場の人間からは、鈴木さんを擁護する意見も上がっている。


「人道にもとる数々の行為」があったと主張


『結婚の条件』は、9月13日より東京・新宿シアターモリエールにて上演中の、鈴木さんの主演・初演出舞台。しかし、出演予定だった鳳恵弥さんと牧野美千子さんが降板することが初日直前の9月12日に発表された。鳳さんはブログにて、稽古中に鈴木さんから土下座を求められたことなどを暴露している。また、2人の所属事務所は、「鈴木氏から人道にもとる数々の行為を受けた」と降板理由を説明している。

しかし、鈴木さんは“土下座強要”を完全否定。他にも土下座強要はなかったとする証言が出て、どうも腑に落ちない展開に。“土下座はあったのか? なかったのか?”という部分が騒動の大きな争点になっている。

芸事での“パワハラ”は仕方ない?


しかし、土下座が事実としても鈴木さんを擁護するような声も上がっている。9月13日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」では、俳優の高橋克実さんが「稽古場では役者は床に座って台本を床に置いてダメ出しを聞いているのが普通。その姿勢で『すみません』って、それが土下座って言われても」「(パワハラは)普通です。人格否定で始まるからね。有名な俳優さんでも稽古場の隅で泣いたりしている」とコメント。また、お笑いタレントのカンニング竹山さんは、「我々の仕事は、普通の会社のセオリーとは別」「やりたい人が手を挙げてする仕事。別に無理やりやらせてる仕事じゃない」と降板した女優側の非を指摘した。

また、俳優の坂上忍さんも14日放送の同局系「バイキング」で、「ひんしゅく買うかな」と前置きしつつも、「これでハラスメントなんて言ったら、いいもの作りにくくなっちゃいませんか?」とコメントした。業界には“追い込み系”の監督や演出家が存在するとして、「でもそういう人たちは、追い込んでも裏のところで女優さんや俳優さんのマネージャーさんとやり取りしている」と指摘。結局今回の肝はコミュニケーション不足にあるとの見方を示した。

こういった意見に対して、ネット上では、「ブラック企業が蔓延するわけだ」「パワハラを肯定している」「芸能界ではパワハラは当然なんておかしい」と批判する声も多い一方、「特殊な世界だと知って入ったはず」と同意する声も多い。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月16日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。