3作通して見れば、ある時代遅れのヤクザの、そして子を失い続けた父親の戦いの物語だった。『アウトレイジ 最終章』(公式サイト)はそんな印象をもたらす、『アウトレイジ』シリーズのフィナーレである。
「アウトレイジ 最終章」バカヤローコノヤローの最高のグルーヴ「子を失った父」大友が因縁に終止符を打つ

帰ってきたヤクザ映画、『アウトレイジ』シリーズ


かつては日本映画の主要コンテンツでありながら、近年めっきりとその数を減らしていたヤクザ映画。2010年に公開された北野武監督作品『アウトレイジ』はそんな時代遅れのコンテンツが復権したような興奮があった。相互不信に満ちたヤクザたちの群像劇はまるで昔の東映実録路線が復活したかのよう。次に誰が殺られるのかという緊張感と悪い冗談のような暴力描写、バカヤローコノヤローという大量の罵倒によって生み出されるグルーヴ感に筆者も大興奮した。

いわば主人公不在の群像劇だった『アウトレイジ』の後、ビートたけし演じる大友が主役として立ち上がってきたのが第二作『アウトレイジ ビヨンド』である。前作で死んだはずの男が実は生きていた、という展開も昔のヤクザ映画みたいないい加減さでいいじゃないですか、と余裕をこいていたらビックリ、『ビヨンド』は完全に大友の映画だった。関東と関西の巨大組織が全面抗争に突入するという派手な筋書きながら、最終的には大友が因縁にどう落とし前をつけるかが鍵となった『ビヨンド』には、さながら実録→任侠と、ヤクザ映画の歴史を遡行していくような印象があった。

で、『最終章』である。冒頭、抜けるように晴れた空の下、海に向かって白い軽トラが走っていく。日本に似ているが、看板はハングル。車が走っているはずなのに無音だ。海に突き出した堤防の上では、ビートたけし演じる大友と大森南朋演じる舎弟の市川がタチウオのキムチ鍋の話をしながら釣りをしている。太陽と海に照らされた中の、静謐なシーンである。