review

「刑事ゆがみ」2話。ニュースサイトが煽りまくった壮大なミスリード、斎藤工は本当にチョイ役だったのか

井浦秀夫先生による同名漫画が原作のドラマ、フジテレビ系「刑事ゆがみ」第2話。水野美紀、斎藤工、中川大志、ゲストの名前を聞くだけでワクワクする。
「刑事ゆがみ」2話。ニュースサイトが煽りまくった壮大なミスリード、斎藤工は本当にチョイ役だったのか
イラスト/Morimori no moRi

第二話の事件


弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)は、中学校の国語教師・早杉千里(水野美紀)が自宅で襲われた強姦未遂事件を捜査。部屋で千里が勤務する中学校で教育実習をしていた大学生・打越将也(中川大志)が犯人との争いの末ベッドの角で頭を強打し、意識不明の重体で病院に搬送されていた。

現場に残されていた足跡から、羽生は前科3犯の下着泥棒・郷亀(斎藤工)を犯人と確信するが、郷亀はこれを否定。捜査は振り出しに戻ってしまう。

一方の弓神は現場の状況、千里が通っていた結婚相談所、打越の部屋から事件を追っていく。意外な人物の元にたどり着く。

壮大なミスリード


第二話放送前から、様々な媒体で「ゲストは、水野美紀!斎藤工!中川大志だ!」と大きく報じられていた。一話ゲストの杉咲花の存在感を見て、第二話は「浅野忠信、神木隆之介、水野美紀、斎藤工、中川大志の男女新旧織り交ぜた五つ巴の演技対決か?」と期待したが、それは完全に裏切られた。

なんと、あの斎藤工をチョイ役で使ってのけたのだ。これはニュースサイトやテレビCMを利用した壮大なミスリードとも言える。斉藤工がこれだけで終わるわけないって思わせて、関係ないっていうミスリードだ。ちなみに、中川大志も回想シーンで純朴さとセクシーさの両極端の魅力を見せつけたものの、終始意識を失っていた。

あわせて読みたい

「「刑事ゆがみ」2話。ニュースサイトが煽りまくった壮大なミスリード、斎藤工は本当にチョイ役だったのか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ゆがみ面白いんだけどな。センスが良いドラマは年間に何本も出てこない、これは放送前のTVスポットの段階からいい雰囲気を醸し出してた。今のところ期待通り。最終回までやりきって欲しい。

    14
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

刑事ゆがみ

刑事ゆがみ

ドラマ『刑事ゆがみ』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース