review

「コウノドリ」2話「3人の人生だよ」こどもと夫に命を捧げる献身的な母親を美談にしなかった

2017年10月20日(金)放送の金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)2話。
子宮頚部腺がんを患った妊婦とその家族の決断を描き、視聴率は11.8%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。
「コウノドリ」2話「3人の人生だよ」こどもと夫に命を捧げる献身的な母親を美談にしなかった
TBS系金曜ドラマ『コウノドリ』公式ガイドブック (ヤマハミュージックメディア)

2話 あらすじ


産婦人科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)が勤めているペルソナ総合医療センター。診察に訪れた妊娠19週の妊婦・久保佐和子(土村芳)は、そこで子宮頸部腺がんであると診断される。
がんを治療する際、赤ちゃんの成長を優先して32週まで佐和子のお腹の中で育てた方が良いと考える四宮(星野源)。治療を早く開始するために、28週で手術をしたいと考えるサクラ。医師たちの間でも、意見が対立する。
手術をする場合は、子宮を全摘出しなければならない。今回が最後の妊娠となるため、治療と出産のタイミングについて、久保夫婦に難しい決断が迫られる

献身的な母親に幸せを探させてくれる夫


佐和子「28週で産んでも、私は死ぬかもしれないんだよ。だったら、お腹の中でできる限り育てたい。ちゃんと育てて、慎ちゃんに迷惑かけないようにしたい。慎ちゃんが1人でも大丈夫なように、私がお腹の中でちゃんと育てるから……」

自分の命よりも、お腹の中の赤ちゃんや夫の慎吾(福士誠治)のことを優先したいと言う佐和子。母親が自分の身をなげうってでもこどもと夫に尽くすことを「美しい」「そうあるべき」と考える人も多い。献身的な母親の死は、美談にされがちだ。
しかし、慎吾はそれを許さない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「コウノドリ」2話「3人の人生だよ」こどもと夫に命を捧げる献身的な母親を美談にしなかった」の みんなの反応 1
  • ユメ 通報

    毎回、リスクのある出産シーンをハラハラしながら観て、つい手に力が入ってしまう。普通に生まれてきてくれることが、どんなにありがたいことかを改めて教えてくれるドラマですね。

    5
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コウノドリ2

コウノドリ2

TBS系ドラマ「コウノドリ」のレビュー記事一覧

2017年10月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。