NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」(作:森下佳子/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)
10月22日(日)放送 第42回「長篠に立てる柵」 演出:福井充広  
「真田丸」「おんな城主直虎」「西郷どん」大河ドラマはなぜBLの香りを振りまき中なのか
「おんな城主 直虎 後編」 (NHK大河ドラマ・ストーリー)/NHK出版

タイトルのごとく、織田・徳川対武田、1ヶ月ほどに及ぶ長篠の戦いの回である。
女性が主人公の大河も、主人公の直虎(柴咲コウ)が後見人をつとめる万千代(のちの直政/菅田将暉)の活躍を描くターンになってきて、雰囲気がだいぶ男大河にシフトしてきている気配だ。
とはいえ、万千代はいまのところ戦国武将ではなく、「日の本一の留守居」の道を邁進中。

なかなか苦労を強いられている万千代。
下足番をやらされていて、何かあるたび、15歳なのに、と癇癪を起こし、万福(のちの小野亥之助/井之脇海)に抑えられている。それはそれで楽しみのひとつではある。
視聴率は、このところ、11%台が4週続き、下がりも上がりもしていない。一定数のファンが定着していることは強い。11%の世帯が、独特な女大河を毎週楽しみにしている。

脚本家の森下佳子のうまさは、地味になりがちな「日の本一の留守居」状態をコミカルに仕立てて、退屈させない一方で、ただのライトな話にはしていなくて、ところどころに、没落させられた家の人間(潰れた家の子)であることの屈辱と、しっかり持ち続けているプライドを描いていることだ。

家がないことがどれほどのことなのか、それを、若いながら万千代が乗り越えて、やがてお家(直虎時代の戦わない井伊家でなく、武門の井伊と言われていた歴史まで)を復興させる。そのカタルシスが計算されている、女性には珍しい理系な設計をする作家。だから、安心だ。朝ドラ「ごちそうさん」(13年)のラストの収束のさせ方、じつに鮮やかだったではないか。