bit

「株式会社 闇(やみ)」という会社の社員と小一時間話してきた

この世にはさまざまな会社があり、それぞれ「社名」がある。その中でも珍しいのが、「株式会社 闇」。「光と闇」の、「闇」だ。社名で検索すると、出てきたアドレスは、http://death.co.jp/。「死」を意味する「death」という文字がドメインに入っているのだ。

一体どんな会社なのか? サイトを見てみると、これでもかと言わんばかりの恐怖映像が。
「株式会社 闇(やみ)」という会社の社員と小一時間話してきた

「株式会社 闇(やみ)」という会社の社員と小一時間話してきた

「株式会社 闇(やみ)」という会社の社員と小一時間話してきた

ほか詳しくはあとでご覧いただくとして、これこそまさしく「闇サイト」だろう。それにしてもこの会社、どんなことをしているのか。そこで広報の大原絵理香さんに会って聞いてみた。社名やドメイン名からくる暗いイメージをまったく感じさせない、明るく気さくな方である。

――「株式会社 闇」はそもそもどういう会社なんですか?

ホラーとテクノロジーを掛け合わせた、「ホラテク」をコンセプトにした会社です。弊社サイトのような怖いウェブページを制作したり、VR(バーチャルリアリティ)を制作したりしています。今夏は、ホラーと合コンを融合した「ホラコン」も実施しました。部屋にさまよう女性の霊を鎮めて脱出する体験型イベントでした。
「株式会社 闇(やみ)」という会社の社員と小一時間話してきた


――怖そうですけど楽しそうですね。

他にも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルホテル「ホテル ユニバーサル ポート」でハロウィーンの時期、「ホラールーム」をプロデュースしたこともあります。1日1組のお客様が泊まれるプランがあるのですが、部屋の鏡に、ある時間になると「ひび」が割れて女性が現れるという映像技術を提供しました。

――今の時代に合った試みですね。

ありがとうございます。ホラー業界においても、テクノロジーをメインに掲げている会社は弊社だけなので、新参者の我々ではありますが、期待の目を向けてくださっているのかな、とは思っております。2015年に弊社が創立したとき、「東京ドームアトラクションズ」などのお化け屋敷などを手がける第一人者・五味弘文さんの関係者の方から早速連絡をいただけて、以後五味さんとお仕事をご一緒させていたただいております。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2017年12月16日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース