review

今夜放送「マン・オブ・スティール」は、スーパーヒーロー版「アナ雪」だ。あのスーパーマン誕生の物語

世界一有名なヒーローの誕生を、エモさたっぷりかつド派手に描いた大作であり、現在『ジャスティス・リーグ』が上映中のDC・エクステンデッド・ユニバース(以下DCEU)シリーズの第一作が『マン・オブ・スティール』。今夜21時30分から二時間半にわたって放送される。
今夜放送「マン・オブ・スティール」は、スーパーヒーロー版「アナ雪」だ。あのスーパーマン誕生の物語

スーパーマン映画、久しぶりのリブート作


タイトルである『マン・オブ・スティール』(以下『MoS』)とは世界最初のスーパーヒーロー、スーパーマンの愛称。「鋼鉄の男」の意味である。意味づけとしてはノーランがタイトルを『バットマン〇〇』にせずに『ダークナイト』としたような感じ。このタイトルの通り、本作はスーパーマンを主人公にしたものだ。

アメリカの二大コミック出版社の片方であるDCコミックスが、1938年に刊行された『アクション・コミックス』誌の第一号で登場させたスーパーマン。戦前から大活躍していたスーパーマンは1948年に連続活劇としてすでにスクリーンデビューしていたが、映画として印象的なのは1978年から4作(間に『スーパーガール』を挟んでいる)作られたクリストファー・リーヴ版だろう。2006年には『スーパーマン リターンズ』が作られたが、その後スーパーマン映画は『MoS』まで沈黙することとなる。『MoS』は、DCコミックスの映画シリーズであるDCEUの第一作とされ、このDCEUは今後もシリーズが継続される予定だ。

物語は超文明を持ちながら崩壊の危機に瀕したクリプトン星から始まる。停滞したクリプトン星の現状に不満を抱えるゾッド将軍はクリプトン星人存続のためクーデターを画策。一方科学者であるジョー=エルはこの危機に際し、生まれたばかりの息子カル=エルを小さな宇宙船に乗せ、クリプトン星人最後の生き残りとして外見の似た知的生命体のいる地球に向けて脱出させる。一方ゾッド将軍のクーデターは失敗し、彼らは凍結されたままファントム・ゾーンへと流刑に。ほどなくしてクリプトン星は崩壊。カル・エルの乗った宇宙船はアメリカのカンザスに着陸する。

あわせて読みたい

  • 「ワンダーウーマン」天然ボケじゃない

    「ワンダーウーマン」天然ボケじゃない

  • 「ローガン」老いたヒーローに嗚咽しろ

    「ローガン」老いたヒーローに嗚咽しろ

  • ガーディアンズオブギャラクシーは必見

    ガーディアンズオブギャラクシーは必見

  • 「スパイダーマン」宣伝衝撃の「虚無」

    「スパイダーマン」宣伝衝撃の「虚無」

  • レビューの記事をもっと見る 2017年12月9日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。