review

「おんな城主直虎」49話「伊賀超え」を芝居で乗り切ったことで、たぬき・家康の萌芽を描いた冴え

NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」(作:森下佳子/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)
12月10日(日)放送 第49回「本能寺が変」 演出:藤並英樹
「おんな城主直虎」49話「伊賀超え」を芝居で乗り切ったことで、たぬき・家康の萌芽を描いた冴え
「おんな城主 直虎 完全版 第参集」DVD ブルーレイ ポニーキャニオン2018年3月21日発売

パブリックビューイングにぴったりの愉快な、劇団家康回


最終回の1話前(最終回イブ)とは思えない軽いノリの「本能寺が変」を、彦根、井伊直政の菩提寺・清凉寺
のパブリックビューイングで見た。

イベントにも使用される禅堂(来年「西郷どん」で井伊直弼を演じる佐野史郎が朗読イベントも行ったことがある)にて、5時30分からシークレットゲストの菅田将暉が登場し、30分間のトークを行ったのち、6時からのBSプレミアムでの放送を、一般観覧者228人(応募者は1000人を超えた)が一緒に楽しむ趣向(菅田は退席)。
音響がめちゃめちゃいいわけではないとはいえ、やっぱり大きなスピーカーから音が出て、しかも大画面なので、盛り上がる。
なにせ、内容が、本能寺の変から伊賀超えに至る緊迫感のなかでの、劇団徳川のエチュード(即興芝居)。チーム徳川(阿部サダヲ、菅田将暉、尾美としのり、みのすけ、高嶋政宏、中村織央)が何かにつけて、目をカッと見開き、音楽が大きく鳴ると、客席は湧いた。

もう一方のドラマ・直虎(柴咲コウ)が堺に出向き、龍雲丸(柳楽優弥)と再会するも、甘い感傷がなく、事務的で、龍雲丸ががっかりするみたいなエピソードにも笑いが漏れた。

放送前の30分、菅田将暉が場をあたためにあたためまくっていたので、いっそう愉快に見られたと思う。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2017年12月17日のレビュー記事
「「おんな城主直虎」49話「伊賀超え」を芝居で乗り切ったことで、たぬき・家康の萌芽を描いた冴え」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    >清凉寺 京都まで行って、多くの方と観賞されたんですね。PV で見たことがないので、一度その形で見てみたいものですね。

    2
  • 匿名さん 通報

    この清涼寺は京都のではなく彦根にある井伊家の菩提寺です。 井伊直政公の戒名『祥壽院殿清凉泰安大居士』から名前がとられ、1602年に彦根で亡くなった直政公のお墓がここにあります。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おんな城主直虎

おんな城主直虎

NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース