昨年12月に88歳で亡くなった脚本家の早坂暁を追悼して、その代表作の一つであるドラマ「夢千代日記」全5話(1981年)が本日と明日、NHK総合で再放送される(きょう8日は午前10時55分から第1回、深夜1時55分から第2回・第3回が放送。残る第4回・第5回は明日深夜に放送。詳細はこちら)。
「夢千代日記」脚本家・早坂暁が三谷幸喜に投げかけた「疑問」8日9日一挙放送
早坂暁脚本・吉永小百合主演によるNHKドラマ「夢千代日記」DVD。その脚本は続編とあわせて、勉誠出版刊の「早坂暁コレクション」で1冊にまとめて収録されている

30年早かった「断捨離」生活


同業者の山田太一によれば、早坂暁は自宅を持っておらず、ホテル住まいであったという。持っている物も極力少なくしていて、あるときまではカバン2個分だったが、やがて1個に減らしたらしい。本人いわく《ホテルだからね、出るときに、それ以上の荷物があると面倒でしょう。とにかくなんでも捨てちゃうの。靴は一足買ったら、つぶれるまで履いて捨てる。本は図書館で読む。着るものも、いくらもありゃあしない》(山田太一『いつもの雑踏 いつもの場所で』新潮文庫)。これが1982年頃の話である。いまでいうところの「断捨離」を、早坂は30年以上も前から実践していたのだ。

早坂がカバンを2個から1個に減らしたのは、心臓が悪いと診断され、「何となく体の左側をいたわろうと思って」という理由もあった。彼は50代に入ったこのころ、心筋梗塞、胃潰瘍とあいついで病を経験していた。心筋梗塞の治療のため、心臓のバイパス手術の準備中には、胆嚢がんの診断も受けている。結局、それはあとになってがんではなかったとわかるのだが、彼はそうした体験を糧に、さらなる新境地を切り拓いていった。