review

最終話「女子的生活」恥ずかしいのは無理! 青春っぽいこと言うやつはほんとダメ! 希望へのダッシュ

みき「人って面白いなあ」
後藤「え、なに?」
みき「なんでもない。……はあ、私もまだまだだなあ」

1月26日(金)に最終話が放送されたドラマ女子的生活(NHK)。
心はレズビアン、体は男性というトランスジェンダーのみき(志尊淳)。みきのため、そして自分のために、2人の男女が自分を変えた。
最終話「女子的生活」恥ずかしいのは無理! 青春っぽいこと言うやつはほんとダメ! 希望へのダッシュ
イラスト/まつもとりえこ

孤立して戦わずに生きる


後藤「おれ気づいちゃったんだよね。自分にはまだないなって」
みき「なにが?」
後藤「好きなもん、っていうか譲れないもの? これのためなら立ち向かっていけるっていう何か」

それを探すためにみきとの同居を解消して自立すると言って、同級生の後藤(町田啓太)は家を出ていく。後藤は、自分の格好や好きなファッションに対してまっすぐ向き合うみきの姿勢に影響を受けたようだった。

みきは同僚のかおり(玉井詩織)と合コンに向かう。タワーマンションでの、お金持ちが集まる合コン。みきはそこで、天真爛漫なお嬢様・マナミ(土村芳)と出会う。
みきのセクシャリティを知ったマナミは、いままで出会ったことがないタイプのみきを神格化して接してくる。神格化は「珍しい=貴重=尊敬」という流れで起こる。たとえば「恋愛相談に対して、ゲイなら素晴らしい解決策を教えてくれそう」という偏見も神格化の一例だ。

みきはそういう扱いにうんざりしながらも、慣れている。また、マナミの婚約者・ケンイチ(山口翔悟)に「普通じゃない」「家には呼べない」と悪意を持って言われても、何も感じないし逆に燃料にしてがんばれると言う。

あわせて読みたい

  • 「女子的生活」ミソジニスト心理と羨望

    「女子的生活」ミソジニスト心理と羨望

  • 志尊淳のトランスジェンダー女子演技は

    志尊淳のトランスジェンダー女子演技は

  • 「トドメの接吻」求める山崎拒む門脇麦

    「トドメの接吻」求める山崎拒む門脇麦

  • 「コウノドリ」親の献身を美談にしない

    「コウノドリ」親の献身を美談にしない

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年1月29日のレビュー記事
    「最終話「女子的生活」恥ずかしいのは無理! 青春っぽいこと言うやつはほんとダメ! 希望へのダッシュ」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      1~3話みてないが、最終話だけ見ても面白かったです。嫌みは燃料に、青春っぽいのは無理とかも興味深かった。

      7
    • 匿名さん 通報

      文章が下手くそ過ぎて、どう良いドラマかどうかが理解できない。

      7
    • 匿名さん 通報

      1話の小芝風花ちゃんのベッドシーンだけが見所

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

    次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    女子的生活

    女子的生活

    『女子的生活』はNHKの22時台の連続ドラマ。志尊淳が演じる見た目は美人だが実は男、だが恋愛対象は女性という「複雑なトランスジェンダー」の物語。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。