smadan

ホークス松田宣浩が忘れられない2つのエラー 熱男流・失敗を乗り越える考え方

ホークス松田宣浩が忘れられない2つのエラー 熱男流・失敗を乗り越える考え方

昨季日本一になった福岡ソフトバンクホークスで、サードのポジションを不動のものとしている松田宣浩選手(34)。ホームランを打った後の「熱男(あつお)」パフォーマンスなど、明るい性格からムードメーカーとしてもチームを盛り上げる。昨年は個人でも5年連続ゴールデングラブ受賞、3年連続の全試合出場を果たし、侍ジャパンの一員として第4回ワールド・ベースボール・クラシックにも出場と、もはや日本を代表する三塁手と言っても過言ではない。

今回は、プロ野球選手として日々さらされているプレッシャーとどう向き合っているのか。また、これまでの野球人生で忘れられない2つの失敗と、失敗しないための準備と反省について話を聞いた。


プレッシャーとの向き合い方、大舞台での経験


松田選手は大学1年の時に大学日本代表に選出されている。当時の4年生はいわゆる松坂世代で、後にほとんどのメンバーがプロ入りするほどのレベルの高さだった。そんな選手たちに囲まれながら国際試合を経験するなかで、大舞台が好きになり「もう1回日の丸を背負いたい」と思うようになったという。

「日の丸を背負って見えるものってあるんですよね。オールスターに出て気づくものもあるし、日本一になって見えたものもある。やっぱり達成感が凄いじゃないですか。それをどんどんモチベーションに変えています」

とはいえ、大舞台になればなるほどプレッシャーも高まるもの。松田選手は、「さすがに人間なんでプレッシャーは感じますけどね」と言いつつも、プレッシャーとの向き合い方についてこう話す。

「たくさん注目されているのを感じながらプロ野球選手をやっていますけど、野球って失敗して当然のスポーツなので。投手も野手も100%って絶対ないんですよ。そういった中でいかに失敗しないかということ。大概は失敗しているんですけど(笑)。そこは切り替える。失敗して失敗して失敗して、成功がなかったらおしまいだと思うんですけど、でも信じてやっていたら最後は成功になって返ってくるんですよ」

さらに、ふだん打席に立つ時は「失敗したらどうしよう」といったネガティブな考えは捨て、常に成功(=ヒット)をイメージしているという。

「あそこにボールを飛ばそうとか、ホームランを打つぞとか、成功する打球の軌道をイメージしています。例えばランナー2、3塁で打席を迎えるとするじゃないですか。そしたらボールがくる前にそこに飛ばそう、あそこに飛ばそう、という成功例を頭の中にどんどんを描いていくんです」


忘れられない「原点」 失敗から学んだこと


そんな松田選手が、これまでの野球人生の中で最も心に残っている2つの失敗とはなんなのか。
ホークス松田宣浩が忘れられない2つのエラー 熱男流・失敗を乗り越える考え方

ひとつは、中京商業(現中京学院大学付属中京)2年生の時に出場した夏の甲子園でのプレーだ。野球の試合で初めてプレッシャーを感じたとも振り返っている初戦、沖縄代表の那覇高校との試合は1対1のまま延長に突入。しかし、11回にショートを守っていた松田選手の暴投で決勝点が入り、敗れてしまった。
しかし、後悔はないという。甲子園での暴投をきっかけに守備にも目を向けるようになり、キャッチボールからしっかり意識をするようになった。だから、プロでゴールデングラブを6回受賞した「原点」なのだ、と。

もうひとつの失敗は、昨年の第4回WBC準決勝。松田選手がサードゴロをファンブルした間にアメリカに勝ち越され、日本は敗退してしまった。奇しくも甲子園と重なる出来事だ。
これ以上ない大舞台での失敗。野球ができなくなってもおかしくない経験をしても、松田選手は潰れなかった。

「だからこそ頑張っていこうという反骨心というか、絶対もっとやってやる!という気持ちが芽生えました。WBCでは失敗して日本が負けてしまったけど、日本に帰ったら絶対に怪我せず全試合出場して日本一になるぞ!っていう目標があったから1年間頑張れたと思います」

まさに転んでもただでは起きない前向きな考え方だ。

「前向きですね。でもこれって、会社で働いている方にも言えることじゃないですか? 野球とは全然違う種類の失敗だとは思うんですけど、失敗を消化していくことが大事。見て見ぬふりをするのは駄目。とにかく消化しきって、しっかり自分の中で考えて、潰して、反省すればいいんですけど、嫌だからといって逃げるのは良くないと思いますね」


失敗しないための準備と反省


熱い男というイメージが強い松田選手だが、試合前は気づいたことをノートにまとめ、試合後はデータ室でその日の試合のビデオをチェックするなど、準備と反省を欠かさない。

「(重要なのは)反省よりも準備かな。物事に対して準備したうえで失敗するのと、準備しないで失敗するのだと、失敗の度合いがまったく違う。特に野球ではそうなんですよ。何も準備しないで失敗すると、取り返しのつかない事になっちゃうので。でもこれって、先輩が教えてくれたものですから。小久保(裕紀)さんたちが『まずは準備しよう』と言ってくれたからです。言葉でも聞いたし、実際に目にしましたから」

ちなみに野球ノートを書き始めたのは、大学時代からだと教えてくれた。松田選手の母校・亜細亜大学といえば、練習が厳しいことで有名だが、キツイとも思わなかったらしい。
練習がお好きでいらっしゃるんですね、と聞き返すと、「そうですね。年々嫌いになっていくけど(笑)」とグアムの自主トレで日焼けした顔から笑みがこぼれた。

「22歳でプロになりましたけど、もう今年で35歳でしょ? 僕が22歳の時、35歳の人が相当オッサンに感じたんですよ。っていうのを思い出しながら、今年のキャンプの目標を『若返り』に設定しました。今年入団してきた人のなかには18歳の人もいるわけですから、その人たちと同じユニフォームを着てやっていくにあたって、物凄いベテランの人と思われないように頑張っています」
(茶柱達也)



松田選手のサインボールを1名様にプレゼント


ホークス松田宣浩が忘れられない2つのエラー 熱男流・失敗を乗り越える考え方

「もう1頂!」のチームスローガンのもと連覇に臨む松田選手にサインボールをいただきました!
こちらを抽選で1名様にプレゼントいたします。
詳細は下記をご覧ください。


応募方法はTwitterのフォロー&リツイート
(1)スマダン(@suma_dan)の公式ツイッターをフォロー
(2)以下のツイートをリツイート




応募受付期間:2018年2月5日(月)~2018年2月13日(火)まで
※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へは、2月15日(木)にスマダンアカウント(@suma_dan)からダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※2月19日(月)までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきますのでご了承ください。

あわせて読みたい

  • 松坂大輔が注目され続ける理由

    松坂大輔が注目され続ける理由

  • リアル野球BANの名試合を振り返る

    リアル野球BANの名試合を振り返る

  • 大谷翔平から学ぶ会社の選び方

    大谷翔平から学ぶ会社の選び方

  • ピエール瀧が人生に期待しない理由

    ピエール瀧が人生に期待しない理由

  • スマダンの記事をもっと見る 2018年2月5日のスマダン記事

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    スマダンニュースアクセスランキング

    スマダンランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    スマダンとは?

    ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら