smadan

人気家計簿アプリ「マネーフォワード」「Zaim」「Moneytree」を家計再生コンサルタントが比較

人気家計簿アプリ「マネーフォワード」「Zaim」「Moneytree」を家計再生コンサルタントが比較

皆さんは家計簿アプリを使っているだろうか? 利用者は若い人を中心に高齢の方もおり、それぞれ上手に使いこなしているようだ。なかでも人気で使い勝手が良いのは、総合的な機能を持ち合わせたアプリ。PCやiPhone、Androidスマホで簡単に日々の入出金を管理できるほか、レシートを撮影しての自動記録などが無料で使えるなど、非常に高性能だ。こういったアプリを公開する会社も増えてきており、どれを選ぶとよいのか迷ってしまう。今回はその中で人気の高い「マネーフォワード」「Zaim(ザイム)」「Moneytree(マネーツリー)」を比較する。


同じようで違う機能


以下の点は3つのアプリで共通しているポイントだ。
(1)パソコン、またはスマートフォン(アプリ)で会員登録をして利用する
(2)各サービスと連携することで、金融機関の入出金やクレジットカードの利用履歴などを自動的に収集、記録する
(3)現金の支出は、レシートを写真撮影するなどして自動入力できる
(4)収集したデータを自動集計し、資産残高を表示してくれる

家計簿を自動的に記録するだけではあまり意味がないが、きちんと記録を確認する習慣をつけると、楽に自分のお金の使い方を把握でき、家計の改善につなげていくことができる。貯蓄の状況、投資の状況が一目でわかるサービス(アプリによっては有料)もあり、自分のお金の全体像をつかみやすくなっている。
マネーフォワード、Zaim、Moneytreeの比較表


実は、同じような機能がついていても、細かな使い勝手やサービスに違いがあるので、自分に合ったもの、自分が使いやすいなと感じるものを、継続的に使用することが一番良い使い方といえる。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2018年2月20日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース