smadan

「コロコロ」チンギス・ハン問題、大手書店の販売中止は自主規制を推し進める?

「コロコロ」チンギス・ハン問題、大手書店の販売中止は自主規制を推し進める?
小学館「月刊コロコロコミック」ウェブサイトより

小学館が発刊する漫画雑誌『月刊コロコロコミック』3月号で“チンギス・ハンの顔に落書きをする”シーンが描かれ、外交問題へと発展した。抗議を受けた同社は即座に謝罪したものの、モンゴル人によるデモが起こり、販売を中止する書店が出るなど、騒動は沈静化していない。ネット上では「今後、自主規制が進むのでは?」と危惧する声があがっている。

朝青龍のツイートをきっかけにモンゴル人たちが大使館に苦情


騒動の発端となったのは、2月15日発売の漫画雑誌『月刊コロコロコミック』3月号で掲載された、『やりすぎ!!!イタズラくん』(作・吉野あすみ)のワンシーン。モンゴルで英雄だとされているチンギス・ハンの肖像に、主人公が男性器を落書きする場面が描かれていた。これを“侮辱的”だと捉えた元横綱・朝青龍がTwitter上で激怒。その後日本に滞在するモンゴル人たちがモンゴル大使館へ苦情を入れ、同大使館が日本の外務省へ抗議する事態と発展した。

小学館は2月23日、公式サイトにて謝罪文を掲載。文中では「不適切な表現があった」と非を認め、モンゴル側へ「ご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます」とつづられている。同時に、モンゴル国のダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日臨時代理大使に同趣旨の謝罪文を渡したことも報告している。

モンゴル人のデモ、大手書店の販売中止


しかし、小学館の謝罪で騒動が鎮火するかと思いきや、2月26日には在日モンゴル人を含めた約90名によって、東京千代田区にある小学館前にて抗議デモが行われた。デモの参加者は、問題となった『月刊コロコロコミック』3月号の回収と謝罪を訴え、さらに抗議文を小学館に郵送したという。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク