smadan

大坂なおみ選手の記者会見で愚問を連発する素人記者は日本の恥

大坂なおみ選手の記者会見で愚問を連発する素人記者は日本の恥
写真はイメージ

テニスの全米オープンで4大大会シングルスの日本人初優勝を果たした大坂なおみ選手が、2018年9月12日に日本国内で記者会見を行ったところ、記者たちの質問のレベルが酷いとインターネット上で話題になっています。

どれほどのものか、早速私も新聞社がアップしていた記者会見動画を見てみましたが、約30分間見るのがとても苦痛でした。以下のように、テニスやゲームや大会に関係無い質問が次々に投げかけられていたのです。

「食べたいと言っていた抹茶アイスクリームは食べたのですか?」
「なおみブームの現状をどう受け止めていますか?」
「週末までに行ってみたいところはどこですか?」
「そのパールのイアリングは特別な想いがあるものですか?」
「インスタグラムに載せるためにどんな写真を撮りたいと思っていますか?」
「日本語でメッセージを伝えるとしたらどんな言葉ですか?」
「日本語でメッセージをお願いします」
「大事にされている日本語は何ですか?」
「日本語を学ぶ時はどのようにしていますか?」



もちろんありがちな感動ポルノ的な質問も


また、テニスに関係していても、以下のようにプレーやゲームそのものではなく、どこか感動ポルノに結び付けられそうなポイントでしか聞いていない点も、非常に強い違和感を覚えました。

「日本のファンの声は届いていましたか?」
「北海道の地震がプレーに与えた影響はありますか?」
「かけてもらって一番嬉しかった言葉はなんですか?」


たとえば、「決勝戦の試合中のターニングポイントはどこか」「試合運びが最も上手く行ったと感じた試合はどの試合か」「前回大会の反省を活かしたポイントはどこか」等、いくらでも聞くポイントはあるはずなのに、誰もそのような点を聞きません。

唯一、AFP通信という海外メディアだけが、「良い戦いができたが、決勝戦は残念だった感が残っているのではないか?優勝した後も楽しめたか?」と、ゲームや大会そのものについて聞いており、質問のまともさが際立っていたように思います。大坂選手もそれについてはしっかりと回答をしており、比較してみると、無関係の質問を連発する日本の記者が世界基準に達していない様子が痛いほど分かりました。

(※一部ではハフポストによるアイデンティティに関する質問も、テニスに関係の無い質問として批判の対象になっていましたが、人種問題とスポーツは切っても切れないテーマです。確かに聞き方にこそやや稚拙さがあり、大坂選手を混乱させてしまったものの、「アイデンティティ? 私は私」というバイレイシャルの選手をエンパワーメントするような素晴らしい回答を引き出したことは称賛に価すると思います)


外国人記者と並ぶからレベルの違いが浮き彫りになる


ですが、日本人記者のアスリートに対するインタビューのレベルが低過ぎる問題は、別に今に始まったことではありません。今までもこのような質問は、他の大活躍したアスリートたちにも散々飛ばされてきました。

今回インターネット上で批判の声が多くなっているのは、おそらく大坂選手がバイレイシャル(いわゆるハーフ)で、アメリカに拠点を置き、日本語をあまり話せないという側面があるからではないでしょうか。

つまり、これまでの大半の日本人選手は、日本にしかルーツが無い人がほとんどであるため、自国の記者の酷さを同じ記者会見で比較する機会があまりありません。それに対して、ダブルルーツの大坂選手はアメリカのレベルと日本のレベルを同じ記者会見の中で比較できてしまうわけです。実際、記者のレベルの差を大会前の記者会見を見た方が記事にしていました。

ここでも、日本人男性記者が「今日はきれいにメイクアップされていて美しいですが、そんなご自分を見てどう思われますか」という開いた口が塞がらないような質問をしたようですが、のこのこと外に出て行ってくだらない質問を投げかけるのは、本当に日本の恥でしかありません。


大坂選手が今後も日本人を続けるかは分からない


また、彼女が二重国籍だという面も非常に大きいと思います。今の日本の法律では22歳になるまでに二重国籍を解消せよと迫るものですが、その際、現在20歳の大坂選手がアメリカ国籍を選択する可能性も十分あります。

今でこそ日本の選手として登録している彼女ですが、日本のプレイヤーとしてテニスするよりも、アメリカのプレイヤーとしてテニスをしたほうがより高いパフォーマンスを発揮できると感じたら、もしかしたらアメリカ国籍を選択するかもしれません。それゆえ、「記者にこんな下らない質問ばかりされて、日本のことが嫌いになっちゃったらどうしよう…」という危惧が、ファンや一部の国民の中に生まれるのも当然でしょう。

むしろ人生の大半をアメリカで過ごしているわけで、彼女が日本を選択していることが奇跡としか思えないくらいです。これからも日本の選手として活躍して欲しいと願う人が「変な質問しないでくれよ!」という怒りの気持ちを強くするのももっともだと思います。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース