smadan

海外旅行者が現地で銀行口座を作るメリットとは?タイで実際に開設してみた

短めの連休が取れると、近場の東南アジアに出掛ける人もいるのではないだろうか? 常夏のビーチ、安くて美味しいアジアご飯……いろんな楽しみ方があると思うが、試してみるとおもしろいのが「現地での銀行口座開設」だ。

日本の普通預金の金利は0.001%、定期預金でさえ0.01%。ところがタイなら普通預金でさえ金利は年0.3%以上もする。ネット上には「年々厳しくなっており、最近ではビザがないと開設できない」「日本人街の支店なら開設できる」など様々な情報があふれているが、実際のところはどうだろう? アユタヤ銀行(クルンシー銀行)以外は全て断られるとの情報を受け、アユタヤ銀行の公式ホームページ(2018年12月末現在)を探るとこんな文字が……。

海外旅行者が現地で銀行口座を作るメリットとは?タイで実際に開設してみた


ビザなしの旅客だと開設できないのかなあ。不穏な気持ちを抑えつつ日本人街のトンロー支店に行ってみた。

現地で口座開設できるのか


海外旅行者が現地で銀行口座を作るメリットとは?タイで実際に開設してみた


日本語デスクがある安心感! さっそく行員に尋ねてみたが、返事はNo。「もう旅行者の口座開設は受け付けていません」と……どうやらだんだん厳しくなっているのは本当らしい。しかし、ここはマンペンライ(大丈夫、気楽になどの意)で微笑みの国。困っている筆者を見て何やらメモを書きながら、笑顔で差し出してくれた。

海外旅行者が現地で銀行口座を作るメリットとは?タイで実際に開設してみた


「あのー、僕が内部の人に聞いたところでは、ワス支店なら旅行者でも開設させるらしいですよ」 行員がそんな情報とをダダ漏らしてくれるとは!! 東南アジアのこういう緩さ大好き。マンペンライ最高!!
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク