review

「シェイプ・オブ・ウォーター」はデル・トロにしか撮れない"生きづらさ"に均等に寄り添った作品

       
『シェイプ・オブ・ウォーター』は、どこまでも優しく美しい愛についての物語である。おとぎ話のようなストーリーと人間の生きづらさに対する視線が交錯した、とてもギレルモ・デル・トロらしい作品だ。
「シェイプ・オブ・ウォーター」はデル・トロにしか撮れない"生きづらさ"に均等に寄り添った作品

冷戦をバックボーンにした、半魚人と人間のおとぎ話


『パシフィック・リム』のヒットで世間的にもオタク監督としての知名度をあげたギレルモ・デル・トロ。しかし彼には、ロボットやモンスターがド派手に暴れまわる方向性ではない、しっとりと落ち着いた作風もある。異形の者や現実世界に居場所のない者たちに向かって、愛着と憧憬の詰まった視線を向け続けてきた人でもあるのだ。『シェイプ・オブ・ウォーター』は完全に"そっち側"の作品である。

舞台は1962年のボルチモア。耳は聞こえるが声を発することができない女性イライザは、軍の研究施設で掃除の仕事をしている。毎日決まった時間に起きて食事を作り、同じバスに乗って同じ職場に向かう日々。隣人である画家で同性愛者のジャイルズ、何かと世話を焼いてくれる同僚のゼルダとは手話でコミュニケーションをとり、それなりにうまくやっている。
「シェイプ・オブ・ウォーター」はデル・トロにしか撮れない"生きづらさ"に均等に寄り添った作品

ある日、イライザの働く施設に南米で捕獲された"不思議な生き物"が運び込まれてくる。ふとしたきっかけから、水中に棲む半魚人のような"生き物"と徐々に心を通わせるイライザ。一方研究を取り仕切る高圧的な軍人ストリックランドは冷戦下の宇宙開発競争においてソ連に勝利するため、"生き物"の解剖実験を決める。実験の予定を知ったイライザは動揺し、なんとか"生き物"を助けようとするが……。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「シェイプ・オブ・ウォーター」はデル・トロにしか撮れない"生きづらさ"に均等に寄り添った作品」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    11:22は外国語を全て現地発音しているのか?たまに知ってると大威張りのイヤミなおっさん。

    4
  • 匿名さん 通報

    ラブストーリーとしか捉えられないくせに評価を書くなよ,もっと見るべきところは多くある

    1
  • G 通報

    ギレルモ? ”ギィェーモ”じゃないの、スペイン語風の発音は。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。