bit

じつは多様性に富んだ温泉天国、マレーシアで温泉に浸かってみた

       

旧日本軍により掘られたポーリン温泉

 
東マレーシアのサバ州、マレーシアで一番高い山として知られるキナバル山の東側、標高約500メートルのところにあるポーリン温泉は、キナバル山登山ツアーとセットで訪れる人も多い山麓の温泉だ。ポーリンとはマレーシアの現地の一部族であるカダザンドゥスン族の言葉で「竹」の意味。周りには大きな竹林もある。

もともと地元では「熱湯が噴出する恐ろしい所」とされていたが、太平洋戦争中にボルネオ島を占領した旧日本軍に疲れや傷、痛みなどを癒やすために利用されるようになった。ところが地元の人には温泉入浴の習慣がなかったため、戦後は放置されていた。その後、1970年代から整備が進められ、現在は世界自然遺産キナバル公園の一部として多くの観光客が訪れる場所になった。
じつは多様性に富んだ温泉天国、マレーシアで温泉に浸かってみた

庭園風に整備された施設内には、入浴料が15リンギット(約450円)かかる屋内個室風呂と、無料の露天風呂がある。露天風呂は複数の小さな浴槽に分かれていて、使用前に蛇口をひねり源泉からの熱いお湯と水を混ぜて湯加減を調整する。ここも日本のように裸ではなく、水着を着て入る。

近くにはロッジやキャンプ場、地上30mに張られたつり橋を空中散歩できるキャノピーウォークウェイがある。この辺りは世界最大の花として知られるラフレシアの自生地帯でもあり、鑑賞ツアーも催されている。ラフレシアは花を咲かすまで2年もかかる一方で、花が咲いたら約3日で枯れてしまう。タイミングがよければラフレシアの開花にも出合えるかも知れない。
じつは多様性に富んだ温泉天国、マレーシアで温泉に浸かってみた


活火山がほぼないのになぜマレーシアには温泉が? 


マレーシアにはほとんど活火山がない。それなのにどうして温泉(?)と思われるかもしれない。じつは温泉とは、大きく分けると「火山性温泉」と「非火山性温泉」の二つに分かれ、マレーシアの温泉は後者に当たる。地中にしみこんだ雨水などがマグマによって地熱で熱せられ、深い地下から小さな割れ目や断層を通って地殻から地表に湧き出たものだ。マレー語で温泉は「アイルパナス」と呼ばれ「熱い水」という意味を持つ。

日本の温泉のように成分を表記している温泉はほとんどない。基本的に泉質はどこも硫黄泉だ。リウマチ、関節痛、筋肉の痛み、肩こり、皮膚病などに効くと言われている。どの温泉も硫黄の臭いはわずかで、サラリとした癖のない透明のお湯が湧いている。
(さっきー)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月9日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。